【おい 押尾! もう観念しろや!】  不利な証言が続出 

日本の守護神様、どうか日本を蝕む売国奴議員と特ア3兄弟に天誅を!
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/09/08(水)


押尾学被告


とにかく「自分だけは助かりたい」って執念を燃やしている押尾学…
芸能人でありながら一般人女性に「合成麻薬MDMA」を飲ませ、意識がなくなったその女性を放置し死亡させた事件。


この押尾学は本当に汚くてどうしようもない男である。
「自分だけは助かりたい」って裏工作が、出廷した証人によってどんどん明るみになってきた。


『おい、押尾! 潔く法の裁きを受けんかい!』


*

第3回公判が東京地裁で開かれ、2人の証人が出廷。
同被告にMDMAを譲渡し服役中の泉田勇介受刑者(32)が、譲渡したMDMAは錠剤10錠と証言し、同受刑者から粉末を譲渡されたとする弁護側の主張と食い違った。


押尾の弁護側は泉田受刑者から譲渡されたMDMAは粉末で、同被告は昨年8月2日の事件当日に、亡くなった田中香織さん(享年30)に譲渡していないとし、錠剤10錠という検察側と対立していた。

MDMA錠剤を持参した田中さんが、自らの意思で飲んで薬物セックスをしたとし、押尾被告は保護責任者ではないと主張したが、そこにひびが入った。

押尾被告が所持していた違法薬物TFMPPについても、弁護側は泉田受刑者に譲渡されたと主張していたが、同受刑者は同被告が元所属事務所のチーフマネジャーを通じ米国から持ち込んだものと、検察側の主張通りの証言をした。

さらに昨年7月31日に同被告に勧められ、ビタミン剤の容器に入ったTFMPPを違法薬物とは知らないまま飲み、記憶をなくしたと明かした。

「押尾に『お前に飲ませたのが米国で手に入れた新種のエクスタシーだ』と言われた」と暴露した。


続いて出廷した元国会議員のB氏も、弁護団の主張を覆した。

B氏は事件当日の昨年8月2日、女性と中華料理店で会食を始めた同午後6時43分に、同被告から「連れの女、意識がないんですよ。やばいっすよ、やばいっすよ。オレ、もうこれでダメなんですよね」と電話が来たと証言。

B氏は6時55分に119番通報するよう諭したが、同被告が通報した様子はなく、7時10分に「もういっちゃってる。死んじゃってる」と電話が来たと話した。


押尾被告どう喝していた…小物ぶり露呈 「デイリースポーツオンライン」
http://www.daily.co.jp/gossip/article/2010/09/08/0003409583.shtml


押尾被告、不利な証言続出に敵意あらわ 「日刊スポーツ.com」
http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20100908-675720.html


押尾被告 元国会議員にも相談電話 「(女性が)もういっちゃってる」 「中日スポーツ」
http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/entertainment/news/CK2010090802000073.html


押尾学被告、元マネジャーに身代わり懇願 「ライブドアニュース」
http://news.livedoor.com/article/detail/4993112/







裁判員の皆さん、

こんな男は『無期懲役』でお願いします!








TOPページへ戻る
関連記事
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   

 | Copyright © どうしよう…  もう日本人やめよっか? All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。