でたぁ~! 長崎県壱岐市でついに200歳が登場!

日本の守護神様、どうか日本を蝕む売国奴議員と特ア3兄弟に天誅を!
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/08/28(土)

とうとうと言うか、ついにと言うか高齢者不明問題で「200歳」の2世紀に渡る戸籍上生存者が登場した。

長崎県壱岐市で発覚したことだが、1810年(文化7年)生まれの「200歳」の男性の戸籍が残っていると発表した。

なんともいやはやこれは、笑っちゃうしかない出来事でしょうか…


1810年と言えば江戸時代後期で、国定忠治の生年とされピアノの詩人と呼ばれるフレデリック・ショパンも生まれている。

歴史上有名な、フランスの皇帝ナポレオン・ボナパルトも在位していた。





全国で発覚している「戸籍上生存」ってえパターンは、お役所の怠慢で片付けていいんでしょうかねえ…?

これ以上の高齢者はもうないと思うが、甘い考えでしょうかね。


ビックリ250歳とか300歳とか出てきたりして(笑)

関連記事
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   

 | Copyright © どうしよう…  もう日本人やめよっか? All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。