下村早苗 お前は鬼だ!   ホントに辛すぎる…

日本の守護神様、どうか日本を蝕む売国奴議員と特ア3兄弟に天誅を!
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/08/02(月)






大阪のショッキングなニュースが頭から離れない…

大阪市西区マンションで、幼児2人が遺体で発見された事件…

この子達が地獄の様な環境で、苦しみながら死んでいった…
最後は二人寄り添うように死んでいた…


今日も、この子達がどんな思いで亡くなったのか考えると…
車を運転しながらも涙が溢れてきました…


1歳の男の子が衰弱し死んでいく様を目の当たりにし、3歳の女の子はどんな心境だったのか…

*

12805411440023.jpg

12805411440085.jpg

憎しみをこめてあえて顔はモザイクをかけません



<産経ニュースより>

連日の悲鳴…やがて泣き声はやんだ 2児放棄、おしゃれの街の死角

http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/100731/crm1007311346014-n1.htm

華やかな若者たちでにぎわう街の真ん中で、誰にも看取られないまま幼い命が失われていた。大阪市西区で幼児2人が遺体で発見された事件では、連日続く悲鳴のような泣き声と異臭に、マンションの住人の多くが異変を感じながら、悲劇を防げなかった。住人たちへの取材からは、都会の希薄な人間関係と、他人の家庭に踏み込むことの難しさが改めて浮かび上がる。(八木択真)

事件発覚から一夜明けた31日朝、事件現場のワンルームマンション周辺は平穏さを取り戻しつつあった。下村早苗容疑者(23)の部屋を調べるために捜査員らが建物に入ったほかは、出入りも少なく、通行人も立ち入りを制限するテープに視線を送って通り過ぎるだけで、足を止める人はほとんどいない。

かつては家具の街として栄えた大阪・ミナミの南堀江。近年は最先端のブティックや雑貨店がこぞって進出し、流行の服に身を包んだ若者たちが個性を競うように行き交う。ミナミの新しい顔として、大阪でも屈指のおしゃれな街に変容を遂げた。

現場のマンションは、地区の目抜き通りにある。オートロックに立体駐車場を完備した近代的な造りで、住人の多くは、街に魅せられて移り住んできた一人暮らしの若者たちだ。しかし周囲の華やかな雰囲気に埋もれ、意識しなければ、そこにマンションがあることには気がつきにくい。

下村容疑者と同じ3階に住む女性会社員(27)が異常に気付いたのは、今年の初めごろだった。連日のように聞こえる子供の泣き声と、使用済みのおむつを放置したような異臭。女性は管理会社に「虐待かもしれない。何かあったら遅い」と訴えた。管理会社はチラシなどで注意喚起したが状況は変わらなかった。

受話器が上がっていたのか、子供がそれにすがるしかなかったのか、インターホン越しに、「ママー、ママー」という声や、激しい泣き声が廊下に響く異常な状態が続いたという。

女性によると、泣き声は1カ月ほど前にぴたりと聞こえなくなった。同時に部屋を閉め切っていてもにおうほどに異臭がきつくなった。たまりかねて別の管理会社に通報したことで事件が発覚した。

尋常でない泣き声には、近い階の住人のほとんどが気付いていた。児童相談所や警察に数件の通報があったことも判明している。

しかし住人同士が顔を合わすことすら少ない都会のマンションで、他人の生活に立ち入って、異常の原因を確認するすべはなかなか見つからない。この女性も「もし虐待じゃなかったら問題になるかもと思って」と振り返り、「どうにかしてあげたかった」と自分を責める。家族連れが住むとは思えないマンションの雰囲気も、虐待を疑う気持ちに水を差した。

マンション前で花を手向けていた近くに住む女性(39)も「気付いてあげられなかったことがショックで…。こんなことは二度と繰り返してはいけない」と涙をぬぐった。



近年、児童虐待のニュースが頻繁に流れます。

最近テレビが嫌いになったので主要なニュース番組しか見ないし、インターネットのニュース記事を好んで読んでいますが、この大阪の事件はたまたま家族が見ていたニュースで知りました。

若者は都会に流れ、核家族化が進み近所付き合いもほとんどしなくなってきた。

ほんの2~30年前であれば、こんな事件はありえなかったでしょう。

本当に日本人はどうしてこうなってしまったのでしょう…

これから先の日本人はどうなっていくのでしょう…


子供を殺す親、親を殺す子供…
一体どうしてこうなってしまったのでしょうか…


まだ幼い、本当に幼い小さな命が2つ、自分の親の手によって失われました。

理由はどうあれ、こんなむごい仕打ちをしてはいけません。
こんな可愛い子供達を殺してはいけません。


今の日本の若者世代には、小学生でも知ってることを教えなければいけないのでしょうか…

本当に胸が痛みます。
締め付けられるほどに痛みます…


桜子ちゃん、楓ちゃん、天国でいっぱい可愛がってもらってね。







TOPページへ戻る
関連記事
この記事へのコメント
本当に本当に胸が痛みます。。あれから毎日考えています。なんて酷い最期でしょうか。。あの鬼女には独房で死ぬまで
苦しんで欲しい。どうして実子虐待は
罪が軽いんでしょうか?今後の事件防止のためにも極刑にして欲しいです。
2010/08/12(木) 22:40 | URL | 通りすがりの名無しさ #-[ 編集]
URL:
Comment:
Pass:   

 | Copyright © どうしよう…  もう日本人やめよっか? All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。