タイの学生が持っていた祖父母の遺品

日本の守護神様、どうか日本を蝕む売国奴議員と特ア3兄弟に天誅を!
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/07/05(月)


大東亜共同宣言



1日の訪問者数が11万を超えるモンスターブログ『HEAVEN』さんで、この記事を見つけました。

申し訳ありませんが、記事を引用させていただきますm(_)m


交換留学生として来日しているタイの学生が、祖父母の遺品として手に入れたものを日本語の勉強のかたわら、英訳してみたものだそうです。

そして自らのブログに記事としてアップしてあります。

*

<HEAVENさんから引用>

大東亜共栄プロバガンダ

タイのブログに載っていた第二次大戦中の日本の大東亜共栄圏プロバガンダ。
実際にブログに寄稿したのは、交換留学生として来日しているタイの学生で、祖父母の遺品として手に入れたものを日本語の勉強のかたわら、英訳してみたものだそう。

内容は、当時日本が大義名分としていた「大東亜共栄圏」という概念を東南アジアの諸国に流布するために使っていたものと思われ、日本単独支配というよりアジア民族としての矜持をもつよう語りかけています。

見てわかる通り、いかにも稚拙です。

しかし、日本敗れし後、東南アジア各国が列強に対して競うように独立交渉をはじめた経緯をみると、戦争をあながち間違ったものだとばかり捉えるのはどうかとも思ったり。

時間のある方は、下のFLASHをどうぞご覧になってください。 間違った戦いだったかもしれませんが、欧米に続々と植民地化されるアジア諸国にとって決して無意味な時の流れではありません。

<引用ここまで>

(FLASHのURLは閉鎖されていましたので省略しました)







日本軍はアジア解放のために戦いました。
真実を語る資料が続々と見つかればいいですね。




記事もと ⇒ HEAVEN
タイの方のブログ ⇒ 2BANGKOK.com


TOPページへ戻る
関連記事
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   

 | Copyright © どうしよう…  もう日本人やめよっか? All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。