『日本次戦枠“捨てた”フジテレビ』  さすがは反日ウジTV

日本の守護神様、どうか日本を蝕む売国奴議員と特ア3兄弟に天誅を!
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/06/26(土)

反日局 ウジTV


ウジTV、涙目になってんじゃね?



日テレ 『ウハウハ』 驚異の視聴率!

日本テレビが25日に生中継したサッカーW杯1次リーグ第3戦「日本-デンマーク」の平均視聴率(午前3時~同4時59分)が30・5%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)を記録した。

通常は1%程度の時間帯で驚異的な数字。占拠率は85・4%に上った。

日本の決勝トーナメント1回戦(日本時間29日後11・00)の放送権を持っているTBSは、局員が都内の社屋で観戦。

日本の勝利と中継決定に大喜びだった。



瞬間最高視聴率は関東41・3%、関西35・9%でともに午前5時前に記録だって!

ホントはね、次の決勝トーナメント『日本VSパラグアイ戦』はウジTVが放映権獲得する権利があったのに、ナゼかこの対戦カードは捨ててしまった!


そしてどこを獲ったかと言うと『ブラジルvsポルトガル』ですって…


全くもって『アホ』じゃん!


*
ウジTVは『日本は決勝トーナメントに残れない』って確信してたんでしょうね…
さすがは「反日 ウジTV」!

日本代表には全く期待してないってか!

日本代表 決勝トーナメントへ


JC(ジャパン・コンソーシアム)
単に言うと、NHKと民放で構成。

6月に開催されるワールドカップに向け、年末の12月に放映権の抽選をやった。

『W杯に関わる放映権料は均等に負担し、かつ、その利益は均等に配分する』ということが決められている。

このJCが、全64試合から生中継する44試合を選んだ。


ウジTVは、日本がE組2位で1次リーグを突破した際に出場する『決勝トーナメント1回戦の放送権を獲得できた状況』にありながら、あえて回避。


NHKは『日本vsカメルーン』、『E組1位(日本!?)vsF組2位』を確保し民放のどの局がどのカードを放送するかという抽選をやった。

民放での放映権
抽選で1番を引いたテレビ朝日 『日本vsオランダ』を選んだ。
抽選で2番を引いた日本テレビ 『日本vsデンマーク』を選んだ。
抽選で3番を引いたフジテレビ 『E組2位(日本)vsF組1位』を選ばずに、G組の『ブラジルvsポルトガル』を選んだ。
抽選で4番を引いたTBSが、『E組2位(日本)vsF組1位』を選んだ。



放映権料は均等に負担するが、制作費は自社持ちだそうで。

日本戦を放送する場合、スタッフ派遣や中継カメラ、その他諸々で制作費が多くなってしまう。

それでも、ちゃんと日本戦が放送できればペイできるけど、日本が勝ちあがれなかった場合は余分な予算・経費となってしまう。


ということは、日本が勝ちあがる保障のない『E組2位(日本!?)vsF組1位』に投資する必要があるか?


ウジTVはここを考えた結果、日本のグループリーグ突破は現実的ではないとして、このカードを選ばなかった。

ウジTVは、日本代表のグループリーグ突破は絶対無理だろうと思っていたってことね…


ウジTVが『E組2位(日本)vsF組1位』を選ばなかったことで、TBSは『棚からぼた餅』でウハウハですやん。


日韓W杯以来の決勝トーナメント進出! しかも自国開催ではないんですよ!


ベスト8進出を賭けた次の『日本VSパラグアイ』戦は、日本全国大フィーバー間違いなしです!


世界中のメディアが、日本代表の実力を認め大絶賛してます。
しかも、大活躍した本田選手の人気はうなぎ登り!


深夜放送でこの視聴率ですから、29日午後10時からの『日本VSパラグアイ』戦は、視聴率50%突破は間違いないでしょうな…


せっかくの放映権獲得のチャンスを捨てちゃって…
日本代表を信じなかったウジTV、本気で涙目ですやん…




<以下、スポーツニッポンより引用>

『 日本次戦枠“捨てた”フジ「あの時点では賢明な選択」 』

フジテレビの豊田皓社長(64)が25日、都内で定例会見を行った。日本テレビの「日本-デンマーク戦」が早朝にもかかわらず平均視聴率30・5%を記録したことに「びっくりした。サッカーは魅力的なソフトだとあらためて思った」と述べた。

日本の決勝トーナメント1回戦は、TBSが中継することが決定。今大会、在京キー局で日本戦を中継しないのはフジだけとなった。実はフジは昨年12月の放送権抽選会で、テレビ朝日、日テレに続いて3番目に放送枠を選ぶ権利を持っていた。テレ朝がオランダ戦、日テレがデンマーク戦が組み込まれた放送枠を選んだことから、関係者はフジが日本2位通過用の放送枠を選ぶと目されていた。

しかし、フジは1次リーグ「ポルトガル-ブラジル」などを含む枠を選択。結果的に“大一番”を逃したが豊田社長は「あの時点では賢明な選択だった。責任問題で誰かを処分なんてありません」と話した。




『 決勝T中継のTBS“8年越しの恋”に全力宣言 』

決勝トーナメント1回戦パラグアイ戦(29日後10・00~)を放送するTBSは25日、試合の実況は土井敏之アナウンサー(39)、東京のスタジオのキャスターは加藤浩次(41)、進行は枡田絵理奈アナウンサー(24)が担当すると発表した。

02年日韓大会、06年ドイツ大会ともに日本が勝ち進めずに中継できなかったため、今回、“3度目の正直”で初めてW杯の日本戦を中継。名鏡康夫チーフプロデューサーは「8年越しの恋が成就したような気持ちです。日本代表が勝ち進めるよう、スタッフ・キャスト一丸となって良い中継を行ってまいります」と喜びを表した。

25日未明は青木裕子アナウンサー(27)、枡田アナら社員約80人が集結し、局内で日本テレビの中継を観戦して応援。勝利を告げるホイッスルが鳴ると青木アナと枡田アナは歓喜のハイタッチ。青木アナは「日本代表にパワーをもらいました」と笑顔。枡田アナは「一つ一つのプレーに魂がこもっていた。大きな舞台で結果が出て良かった。中継では現場の熱を伝えられるようにしたい」と語った。


<引用ここまで>


ウジTVと同等の「反日TBS」が放映権獲得したのは気に入らないが、TBSは02年大会と06年大会の決勝トーナメント放映権を持ちながら、日本代表に期待していたのでまあ良しとしましょう。


しかし気に入らないのはウジTV!
日本代表選手が、日本の国旗と国民の期待を背負い国際舞台で頑張っているのに…


「その可能性」が限りなく低くとも、選手達の活躍に期待しその先にいてやるのがメディアの仕事でしょう!


しかも民放№1のTV局のくせに!


最近でもウジTVの反日傾向はひどかったですよね。
フィギュアスケートでの『ヨナアゲ・真央サゲ』や、フィギュア世界選手権で真央ちゃんが優勝した時の表彰式カットなど目に余るものが非常に多い!


キムヨナが優勝した時は、表彰式と国歌斉唱までノーカット放送っすよ…

キムヨナなんぞ誰も見たくない!
真央ちゃんの表彰式を国家斉唱までノーカットで放映しろ!


ウジTVの、『真央ちゃんに対するたび重なる侮辱』は日本国民が忘れないぞ!

もう韓国マンセーのウジTVは、日本に必要ありませんので潰れてください。


愚痴はここまでにしますが、日本代表選手の皆さん決勝トーナメント進出おめでとうございます。

皆さんの活躍を世界が認めました。
日本と言う国の実力を世界が認めました。
アジアの底力に世界が驚きました。

これからは負けたら即敗退なので、1戦ごとが総力戦となります。

たとえ敗れても悔いが残らないように精いっぱい頑張って頂きたいものです!

がんばれニッポン!




TOPへ戻る
関連記事
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   

 | Copyright © どうしよう…  もう日本人やめよっか? All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。