【狂都でまたも悲劇】 軽乗用車が集団登校中の小学生に突っこむ・・・

日本の守護神様、どうか日本を蝕む売国奴議員と特ア3兄弟に天誅を!
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012/04/23(月)


dst12042313160014-p1.jpg

この前も暴走車が大勢の花見客を跳ね飛ばした事件があった狂都。

またしても集団登校中の子供達に悲劇が起こってしまいました・・・
しかも、軽乗用車を運転していたのは、亀岡市内の無職少年(18)だと。

児童ら約10人の列に軽乗用車が突っ込み、このうち児童3人が意識不明の重体、保護者とみられる妊娠中の松村幸姫さん(26)を含む4人が重傷、3人が軽傷を負った。


午後のニュースで、小谷真緒さん(7)と松村幸姫さん(26)の2人が亡くなられた模様です。亡くなられた方、重体の方、怪我をされた方はあまりにも悲惨すぎます。愛する我が子や、妻とお腹の子供を奪われた遺族の方の悲しみは余りにも深く、怒りは憤怒を超えるものでしょう。


・無免許運転の厳罰化

・少年法の改定(未成年者による事件・事故の厳罰化)

を望みます!


*

【京都・亀岡】「痛い、痛い」と叫び声 ランドセルや靴散乱

京都府亀岡市で23日、集団登校中の小学生の列に自動車が突っ込んだ事故現場は、ランドセルの中身や靴が散乱。ニュースを聞き付けた保護者らは小学生が通う安詳小学校前に押し寄せ、心配そうに現場を見つめた。

発生直後に現場に駆け付けた亀岡篠郵便局の栗山郁夫局長(51)は午前8時ごろ、郵便局裏の自宅で「ガシャガシャ」という音の後、子供たちの泣き声が聞こえ、急いで外に出た。7~8人が額や腕から血を流し、ほぼ全員が道に横たわっていたという。「大丈夫か。頑張りや」と呼び掛けたが、目がうつろな女の子も。「痛い、痛い」と叫び声が上がり、恐怖のあまり涙を流す子もいたという。住民約10人がタオルや毛布を持ち寄り体にかけたり頭の下に敷いたりした。

事故を起こしたとみられるジーンズ姿の少年(18)は放心状態のまま警察官の事情聴取を受けていた。


産経ニュースhttp://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120423/dst12042311570008-n1.htm



【京都・亀岡】重体は児童3人に 妊娠中の女性は重傷 逮捕の少年、無免許か

23日午前8時ごろ、京都府亀岡市篠町篠上北裏の府道で、集団登校中の小学生ら約10人の列に軽乗用車が突っ込み10人が負傷した事故で、男子児童1人が意識不明の重体となった。このほか意識不明の重体になっているのは女子児童2人。

府警は自動車運転過失傷害の疑いで、車を運転していた亀岡市の少年(18)を現行犯逮捕。車には少年のほか2人が乗っていた。

府警によると、少年は「間違いありません」と容疑を認めている。無免許だったとみられる。少年らの話によると、一晩中、車で走っていたという。

府警によると、負傷者は現場近くの市立安詳小の1~5年の男女児童9人と保護者の女性(26)。重体の3人は2年生と3年生の女児と1年生の男児。少なくとも保護者女性を含む4人が重傷を負った。女性は妊娠中だった。負傷児童は5年生が1人、3年生4人、2年生1人、1年生3人。


産経ニュースhttp://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120423/dst12042312130009-n1.htm



【京都・亀岡】7歳女児と妊娠中の26歳女性が死亡

京都府警によると、京都府亀岡市篠町篠上北裏の府道で23日、集団登校中の小学生ら約10人の列に軽乗用車が後ろから突っ込んだ事故で、小谷真緒さん(7)と、松村幸姫さん(26)の2人が死亡した。

松村さんは妊娠中で列の最後尾にいたという。


産経ニュースhttp://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120423/dst12042314530016-n1.htm


京都府亀岡市

京都府亀岡市

京都府亀岡市

京都府亀岡市

京都府亀岡市



無免許の少年が、仲間と一晩中無免許運転で遊びまわり、あげくに居眠りで小学生の列に突っ込んだのでしょうか・・・

ついこの間入学したばかりの子供と出産間近のお母さんが、どうしようもない救いがたきバカに殺されてしまいました。大勢の子供達が瀕死の重傷を負いましたが、まだ死者が増えるかも分かりません。

こんな事故起こしても、未成年だから少年法で手厚く守られるとか、日本の法が間違ってるとしか考えられません。

・亡くなられた女の子の未来
・亡くなられたお母さんの未来
・亡くなられたお腹の子の未来
・妻とお腹の子を奪われた御主人の絶望
・子どもを奪われた御両親の絶望
・大怪我をされた児童の痛み、恐怖、友達が亡くなった絶望

少年法の前では、被害者の尊厳は無いに等しい。
この国の法律は、被害者の尊厳や被害家族の人権・人生を守ってはくれない。
常に守られるのは「加害者の人生と尊厳」だけ。


なにか間違ってませんか?

亡くなられた方々の無念は測り知れません。
ご冥福を、ただただお祈り申し上げます・・・

TOPページへ戻る
関連記事
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   

 | Copyright © どうしよう…  もう日本人やめよっか? All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。