北がポルトガルに大敗、中国ネット上では「選手の今後」を危惧する声

日本の守護神様、どうか日本を蝕む売国奴議員と特ア3兄弟に天誅を!
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/06/22(火)

サーチナTOP

★ここでは総合ポータルサイト【サーチナ】からの記事を転載しています
サーチナ http://searchina.ne.jp/



21日、ワールドカップ(W杯)南アフリカ大会のG組で北朝鮮は強豪ポルトガルと対戦し、0-7で大敗した。この結果を受け、中国ネット上の掲示板には早速、北朝鮮の選手たちの今後の運命を心配するスレッド(書き込み)が立った。

*
ポルトガルは前半開始直後から北朝鮮のゴールに襲いかかり、前半29分にラウール・メイレレスのゴールで先取点を獲得した。後半に入ると試合は完全にポルトガルのペースとなり、後半8分にシモンが、その3分後にはウーゴ・アウメイダがゴール、後半早々に試合が決まってしまった。


さらに、同15分にはチアーゴが得点を決め、さらにリエジソン、C・ロナウドがゴールし、試合終了直前にもチアーゴが7点目となるゴールを決めた。北朝鮮はこの試合に負けたことで一次リーグ敗退が決定した。


北朝鮮の大敗を受け、中国のウェブサイト「体壇網」では試合終了直後に、「北朝鮮の選手たち、帰国後の運命やいかに」とするスレッドが立った。


スレッドでは、「北朝鮮-ポルトガル戦は北朝鮮でも生中継されているはずだ。金正日総書記は北朝鮮人民に対して大敗を見せたくなかったはずで、今回の大敗は金正日総書記の指導力を大きく傷つけることにつながるため、重大な政治事件とも言えるのではないだろうか?皆はどう思う?」と書き込まれた。


これに対し、中国ネットユーザーからは、(選手たちではなく)監督が危険だ、北朝鮮の選手たちは中国に政治的庇護(ひご)を求めればいい、点を取られた時点で生中継が終わったかもしれないなどといったコメントが寄せられている。(編集担当:畠山栄)



<コメント>

いくらポルトガルに大敗したとはいえ、北の金正日さんは本気で選手に過酷な試練を与えるのでしょうか?

北朝鮮のW杯出場は44年ぶりです。

ポルトガルには大敗しましたが、王者ブラジルには善戦し実力の片鱗を世界に見せました。


国際大会で戦った選手達には「良く頑張ったと」健闘を祝して欲しいものです。

北のキムさん、スポーツの祭典に政治は関係ないですよ!


TOPへ戻る
関連記事
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   

 | Copyright © どうしよう…  もう日本人やめよっか? All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。