【日本人がスゲ~!】 2011年ヨーヨー世界大会

日本の守護神様、どうか日本を蝕む売国奴議員と特ア3兄弟に天誅を!
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011/08/10(水)

2A部門(ダブルハンドルーピング部門)
優勝 サイトウシンジ(日本) ※今年で8度目の世界大会優勝





2011年のヨーヨー世界大会決勝が行われ、全部門の新たな世界チャンピオンが誕生。

凄いのは6部門のうち日本人チャンピオンが4人。
もっとも全種目日本人が制覇したこともあるそうです。


2A部門で優勝のサイトウシンジさんは、今年で8度目の世界大会優勝で、最も多くの世界タイトルを持つヨーヨープレイヤーだそうです。

動画見ても凄いのですが、両手で2個のはずのヨーヨーが余りの速さに4個にも5個にも見える・・・

*

1A部門(シングルハンドストリングトリック部門)
優勝 マーカス・コウ(シンガポール) 




準優勝 セバスチャン・ブロック(Sebastian Brock) 【アメリカ】
第3位 ジェントリー・スタイン(Gentry Stein) 【アメリカ】
第4位 スズキヒロユキ 【日本】
第5位 ルイス・エンリケ(Luis Enrique) 【メキシコ】
第6位 フジサカタツヤ 【日本】
第7位 ポール・カーベル(Paul Kerbel) 【メキシコ】
第8位 センバヒデマサ 【日本】
第9位 ジェンセン・キミット(Jensen Kimmitt) 【カナダ】
第10位 セキヤレイキ 【日本】


2A部門(ダブルハンドルーピング部門)
優勝 サイトウシンジ(日本) ※今年で8度目の世界大会優勝


準優勝 フルカワヤスシ 【日本】
第3位 ヤマシタリョウ 【日本】
第4位 ヤマモトタクマ 【日本】
第5位 グラント・ジョンソン(Grant Johnson) 【アメリカ】
第6位 カナイシュウヘイ 【日本】
第7位 ジョセフ・ハリス(Joseph Harris) 【アメリカ】く
第8位 アイザワショウタ 【日本】
第9位 チャン・チュン・ヘイ(Chan Chun Hey) 【香港】
第10位 デイブ・ガイグル(Dave Geigle) 【ドイツ】


3A部門(ダブルハンドストリングトリック)
優勝 ハンク・フリーマン(アメリカ)




準優勝 アレックス・ハットリ(Alex Hattori) 【アメリカ】
第3位 ヒガシタイイチロウ 【日本】
第4位 フルタミナト 【日本】
第5位 パトリック・ボーガディング(Patrick Borgerding) 【アメリカ】
第6位 エリック・トラントン(Eric Tranton) 【アメリカ】
第7位 シマダダイスケ 【日本】
第8位 ヨシ・ミカモト(Yoshi Mikamoto) 【アメリカ】


4A部門(オフストリング部門)
優勝 オカダナオト(日本) ※今年で2回目の世界大会優勝




準優勝 ブライアン・フィギュロア(Bryan Figueroa) 【アメリカ】
第3位 オオニシツバサ 【日本】
第4位 ベン・コンデ(Ben Conde) 【アメリカ】
第5位 コナー・シュコルテン(Connor Scholten) 【アメリカ】
第6位 ジョン・ナラン(John Narum) 【アメリカ】
第7位 マスダショウタロウ 【日本】
第8位 ザック・ルビーノ(Zac Rubino) 【アメリカ】
第9位 ザンカトモヒコ 【日本】
第10位 カワサキトモヤ 【日本】


5A部門(カウンターウェイト部門)
優勝 マツウラタケシ(日本) ※今年で3度目の世界大会優勝




準優勝 イノウエタクマ 【日本】
第3位 サム・スコット(Samuel Scott) 【アメリカ】
第4位 タイラー・セイヴランス(Tyler Severance) 【アメリカ】
第5位 スターリン・クイン(Sterling Quinn) 【アメリカ】
第6位 ミゲル・コレア(Miguel Correa) 【アメリカ】
第7位 ブライアン・ジャーディン(Bryan Jardin) 【フィリピン】
第8位 イシハラヒロヤス 【日本】
第9位 ダニエル・ブダイ(Daniel Budai) 【ハンガリー】
第10位 チャン・クォク・サン(Chan kwok San=Ron Chan) 【香港】


AP部門(アーティスティックパフォーマンス部門)
優勝 ハセガワタカヒコ(日本) ※今年で3度目の世界大会優勝




準優勝 ジャスティン・ウェバー(Justin Weber) 【アメリカ】リ
第3位 ミイヒロノリ 【日本】
第_位 オカダナオト 【日本】
第_位 カワサキトモヤ 【日本】


果たしてこれはヨーヨーなのでしょうか?(笑)
何をやってるのかさっぱり目が追いつきません。

優勝以下も日本人の名前が多数あります。
日本での競技人口は決して多くないようですが、器用な日本人は少数精鋭で頑張っておられますね。先の女子サッカーW杯優勝もあったし、日本に明るい話題が続くことは素晴らしいことですね。


TOPページへ戻る
関連記事
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   

 | Copyright © どうしよう…  もう日本人やめよっか? All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。