オランダ戦、「日本の戦いぶりはクリーンで、内容的には勝ってた」-中国

日本の守護神様、どうか日本を蝕む売国奴議員と特ア3兄弟に天誅を!
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/06/21(月)

サーチナTOP

★ここでは総合ポータルサイト【サーチナ】からの記事を転載しています
サーチナ http://searchina.ne.jp/


19日、ワールドカップ(W杯)南アフリカ大会のE組、日本-オランダ戦が行われ、日本代表は0-1で惜敗した。FIFAランキング4位のオランダに対し、負けたといえども日本は善戦し、健闘したと言えよう。


*
中国メディア「中国新聞網」は日本-オランダ戦のデータを検証し、「日本は試合には負けたが、試合内容(データ)では勝っていた。また、日本代表の戦いぶりはクリーンだった」と報じた。記事では、「オランダに対し、日本はゴール数およびボール支配率においては負けていたものの、シュート数やコーナーキック数などでは優っていた」とした。


オランダ代表が試合を通じてはなったシュート数は計9本で、枠(わく)をとらえていたシュートは5本だった。一方、日本代表が放ったシュートは計10本、うち枠をとらえていたシュートは3本だったが、記事では、「最後のシュートはオランダを相手に引き分けに持ち込む可能性もあった」と報じた。


また、ボール支配率はオランダが61%、日本は39%だったが、コーナーキックの数ではオランダの4本に対して日本は5本、オフサイドはオランダの2回に対し、日本は1回だった。


さらに記事では、日本代表のファウル11回とオランダ代表のファイル18回(うちイエローカード1枚)を挙げ、「日本代表の戦いぶりはオランダ代表より明らかにクリーンだった」と評価した。(編集担当:畠山栄)



<コメント>

日本選手のクリーンな試合ぶりが評価されてるようですね。

もともと日本選手は、ヨーロッパや南米のようにラフな反則は少ないですからね。

試合はめけましたが個人的には、FIFAランキング4位のオランダに良く頑張ったと思います。



TOPへ戻る
関連記事
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   

 | Copyright © どうしよう…  もう日本人やめよっか? All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。