【フジTVスポンサー不買運動】 フジTV電凸コピペ編

日本の守護神様、どうか日本を蝕む売国奴議員と特ア3兄弟に天誅を!
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011/08/02(火)


ウジテレビ


フジテレビによる韓流ゴリ押し批判が、スポンサーへ飛び火し過熱しています。

まずは、当事者であるフジテレビへの電凸コピペ編。


格言
88 :名無しさん@涙目です。(チベット自治区):2011/08/01(月) 19:07:48.42 ID:Rsh1YmWz0
マスゴミ脅すにゃ刃物は要らぬ
スポンサー突いたらキャンと言う




*

伝説のフジテレビ対応
(フジテレビ 視聴者総合センター視聴者専用電話:03―5531-1111)
http://www16.atwiki.jp/dentotsu8ch/pages/19.html

【2ちゃん】高岡さんの件について電話した【電凸】

(フ)フジテレビ○○センターでございます。
(視)すいません、私○○と申しますが。フジテレビさんでよろしいでしょうか?
(フ)フジテレビです。
(視)合ってますか。あのー
(フ)どういったご用件でしょうか。
(視)いくつかお伺いしたいことがあって電話させていただいたんですが、今お時間よろしいでしょうか。
(フ)どういったご用でしょうか?
(視)いくつかあるんですが順番に申しますとー
(フ)ええ。
(視)まず要点だけ言わせてもらいますと、お宅フジテレビさんが放送法違反じゃないかという点について。
(フ)あのね、あの何ですか、何かネットか何か見られて電話してるんですか?
(視)は?ネット?
(フ)何、放送法って何ですか?
(視)ちょっと待ってくださいね。ネットってどういうことですか?
(フ)放送法なんて何なんですか。いきなりそういうことを聞く人なんていないですよ。
(視)あ、ちょっと待ってください。
(フ)お怒りの人ならさようなら。
(視)は?
(フ)おそらく、あれ、なんか書き込みか何かして電話してるんですか。
(視)は?
(フ)もういいですか、さよならして。
(視)何がいいんですか、待ってくださいよ。
(フ)切ります。
(視)待ってくださいよ。
(ツー、ツー、ツー)






<ヤフーニュースより>
高岡蒼甫氏騒動でクライアントが慌て出す?スポンサー離れか
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110801-00000069-scn-ent

高岡蒼甫氏の一連の騒動以降、動揺しているのはフジテレビ社内だけではないことが判明。その件についてTwitterにて詳しく述べられており、今後の動向や広告出稿への影響が出そうだ。そんなTwitterの投稿をまとめたのが以下である。

 「月曜から沖縄に来ていたTV関係の知人が、例のフジテレビの騒ぎで慌てて帰って行った。局内よりもクライアントが動揺しているらしい。不買運動などが起こったら局としても命取りだ。そもそも高岡氏の発言は単なるきっかけで長年の局の放映姿勢がバッシングにあっているので収束の着地点が見えない」

 「確かにCXの韓国偏向報道姿勢は行過ぎな所があった。視聴者はそれを敏感に感じていたが、今回の高岡氏の件で溜まっていた不満がバッシングとなっていた。デモまで計画されているというから凄い。株主構成を考えればすぐには報道姿勢は変えられないだろう。だが広告出稿に影響が出るとそうはいかない。」

 「CXの韓国偏向の理由。株主構成≒広告主、K-popの権利関係が系列企業にある、安価な韓流コンテンツの費用対効果、等で局全体が親韓(反日)ムードの方向に進んでしまった。しかし放送という公的業務を生業としている限り偏向放映姿勢は糾弾されて然るべきだ。しかし今回の騒動は先行きが見えない」

 フジテレビの番組スポンサーについている企業としては、今回の騒動はかなりの痛手となっている。実際に視聴者からかなりの電話が来ているという。そしてネット上ではそんなスポンサー企業の不買運動なるものが行われており、掲示板にフジテレビスポンサーの一覧が貼られている。そうなると次に困るのは企業側で、スポンサーを降りるしかなくなってくる。

 そうなればフジテレビは新たなスポンサーを探すか、番組を打ち切りにするか、ほかの方法で対策するしかなくなってくるだろう。企業広告によって成り立っているテレビ番組。公共の電波を使い韓国ブームを“ゴリ押し”と受け止められてしまったツケなのだろうか。(編集担当:神谷善一)




花王 不買に関するツイート まとめ(韓国・フジテレビ関連)
http://togetter.com/li/169351


<コメント>
視聴者の溜まりに溜まったマグマのような不満が、一気に噴出してきたようです。
スポンサーへの抗議電話も多数あってるようですが、不買運動を誘発するような過激な扇動は控えた方がいいのでは・・・

しかし、電話対応が不誠実で消費者をナメきったような企業には、思い知らせてやるのもいいのではないでしょうか・・・


TOPページへ戻る
関連記事
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   

 | Copyright © どうしよう…  もう日本人やめよっか? All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。