【中国版新幹線 日本にも特許申請】 クソ中国、ナメんな!

日本の守護神様、どうか日本を蝕む売国奴議員と特ア3兄弟に天誅を!
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011/07/07(木)


5b08322280ee10975b593eb79aaa1573.jpg
中国ではドイツ型と日本型車両の夢のコラボが実現(苦笑)



日本における、政治家や企業トップの老害達って、中韓に施しをしないといけないという妄想にかられてるよね・・・

どこまで日本の財産を失えば気が済むのやら・・・
今の若者、中年世代の方がよほどしっかりしてるようだがね!


中韓に騙され続けても何も学ばないって凄いよね。

恥を知れ!

バカ者どもが!



*

中国、「新幹線」の国際特許申請 手続き開始、反発も
http://www.fukuishimbun.co.jp/nationalnews/CN/world/467159.html

【北京共同】中国が高速鉄道の特許申請の国際的手続きを始めたことが28日、分かった。日米欧、ロシア、ブラジルの5カ国・地域からの特許取得を目指すという。中国英字紙チャイナ・デーリーが鉄道省当局者の話として伝えた。「中国版新幹線」と呼ばれる高速鉄道の輸出が狙い。

 中国鉄道省は、30日に開業する北京―上海高速鉄道の最新列車に関する技術は「完全に中国のものだ」と主張。だが、実際には日本、ドイツなどから導入した技術がベースとなっており、関係国の反発も予想される。

 中国は、特許協力条約による国際出願制度に基づき、列車の組み立てなどに関する技術21件の特許を申請。うち8件は予備段階の審査を終えているという。

 同制度は、国際的に統一された願書を自国の特許当局に提出すると、その日が海外でも出願日となる。ただ、他国で特許を取得するにはあらためて30カ月以内に申請しなければならない。

 中国で特許が認められても、他国はそれぞれの特許法に基づいて審査するため、中国が海外で特許を獲得できるかどうかは不透明だ。



<産経ニュースより>
川重会長 中国の“パクリ新幹線”で「法的手段」を示唆
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/110704/biz11070418290021-n1.htm
2011.7.4 18:27

6月30日に開業した中国の北京-上海を結ぶ中国版新幹線「和諧号」の車両技術について中国側が「独自開発」を主張、米国で技術特許を申請する方針を打ち出していることに対し、技術供与している日本企業の一つ、川崎重工業の大橋忠晴会長は4日、「“特許”の中身が分からないので今は対応のしようがないが、もし契約に違反する内容であれば、法的手段をとる必要がある」との考えを示した。会頭を務める神戸商工会議所の会見で語った。

「和諧号」には日本とドイツの車両技術が使われ、日本からは川重などが技術供与した。大橋会長は「供与した技術は中国国内での使用に限ることになっている。きちんと契約を守る大人の国になってほしいと思うが、(中国側の動きを)もう少し見守りたい」と述べた。


<サーチナより>
中国高速鉄道が海外で特許申請、川崎重工業「提訴も考慮」
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2011&d=0706&f=national_0706_054.shtml

日本の新幹線やドイツなどの技術を基礎とした中国の高速鉄道について、中国側が独自の技術として海外で特許を申請しようとしていることについて、川崎重工業の大橋忠晴会長は4日、「技術提供に関する規定に違反するなら、提訴など法的手段を取ることも考慮する」と述べた。環球時報(電子版)が報じた。

大橋会長は中国側との契約で、提供する技術は中国国内の使用に限ると規定したことを強調。同時に「中国側が申請しようとする特許の内容がはっきりしないため、具体的な対応策は決めていない」とコメントし、冷静に見守りつつも、場合によっては法的手段を取ることも考慮する考えを示した。

中国の高速鉄道技術は川崎重工業のほかにドイツのシーメンス社などが技術提供し、開発したものだ。しかし、中国側は「独自に開発した」と主張。中国鉄道部運輸局副主任の周力氏は「高速鉄道のキーテクノロジーに関する知的財産権は中国人の手中にある」と述べたほか、中国駐日本大使館のトウ偉報道官も、中国がイノベーションを通じて最高時速350キロメートルを基準とする路線建設を実現したと述べ、「外国の技術を剽窃(ひょうせつ)したわけではない」と主張した。

中国鉄道部によると、中国は2003年以来、高速鉄道に関する特許を1902件申請し、うち1421件が認められ、481件が受理され審査中だ。中国は現在、米国、日本、ブラジル、ロシア、欧州など5か国で21件の京滬高速鉄道に関する技術の特許を申請する方向で準備を進めている。

また、川崎重工業の大橋忠晴会長の発言を報じた環球時報の記事では、「わが国は高速鉄道建設の過程で知的財産権の創造と保護、管理、運用を重視している」と報じた。(編集担当:及川源十郎)




2chの反応↓


174:名無しさん@涙目です(チベット自治区):2011/06/29(水) 00:14:57.87 ID:pNu5E02B0
JR東海会長 「中国に新幹線を売ったJR東日本はクズ」 JR東日本 「…」
http://hato.2ch.net/test/read.cgi/news/1290422882/

【ワシントン=古森義久】中国の国有企業が日本の高速鉄道技術を基礎に日本製より速度の高い高速列車を作り、中国独自の製品として諸外国に売り込もうとしていることについて、日本側から「約束違反」との抗議が起き、新たな日中摩擦となりつつある。米紙ウォールストリート・ジャーナルが18日、報じた。

同紙は「(各国の)列車製造者たちは中国の高速のデザインに非難の声を高めている」との見出しの記事を掲載。その中で、日本の川崎重工やドイツのシーメンス、カナダのボンバルディアなど鉄道建設各社がここ数年、中国に高速鉄道の列車や技術を売り込んできたものの、中国企業が外国製より速い列車を開発して米国やサウジアラビア、ブラジルなどに売り込もうとし、外国企業が不満を高めている、と指摘した。

青島に拠点をおく中国の国有企業「中国南車」(CSR)は最高時速約380キロの列車「CRH380A」を完成させ、開発は中国独自の技術の結果だと主張。ただ、CSRは2004年に川崎重工と契約を結び、新幹線の「はやて」9両編成分を輸入、中国領内で日本の技術を利用して計51両を製造した。川崎重工は中国側の「独自技術を開発した」との主張には明確に異論を唱えているという。

中国の国有鉄道関連企業は高速鉄道の売り込みを国際的に広げ、ベネズエラやトルコでのプロジェクトに参入し、日本企業の強力な競争相手となっているが、川崎重工は、中国に提供した技術は中国国内だけで使うとの約束があったと主張しているという。

同記事は一方、日本や欧州企業には中国が高速鉄道でも知的所有権を違法に取得したとの見方が多いとし、中国側の今回の出方を予測して、新幹線の対中輸出を拒んだJR東海の葛西敬之会長が「中国はすべての技術を無料で移転しようとした」と話したことを“先見の明”があったと指摘している。




188:名無しさん@涙目です(東京都):2011/06/29(水) 00:24:50.89 ID:YmyLwBa/0
>>174
JR東海△




175:名無しさん@涙目です(dion軍):2011/06/29(水) 00:15:20.32 ID:ERJe+nTL0
★中国政府がJR東海に技術移転を要請→
★JR東海の葛西会長が断固拒否→
★中国政府要人がわざわざ来日してJR東海に哀願→
★JR東海の葛西会長が断固拒否→
★中国政府要人が葛西さんを名指しで猛批判したところ、葛西会長に猛反撃され沈黙→
★JR東日本幹部が呼ばれてもいないのに、ノコノコ中国に出かけて行ってウチはOKと中国様に媚びまくった→
★JR東海の葛西会長がJR東日本を「売国奴」と猛批判→
 (反日極左JR東日本は過去に葛西さん拉致未遂事件を起こしている天敵)
★中国政府、最新技術じゃないJR東日本を無視、逆に訪日して葛西会長に譲歩しJR東海詣でを繰り返した→
★JR東海の葛西会長がまたもや断固拒否→
★JR東海にフラれた中国、泣く泣く、「仕方ないからおまえんとこから輸入してやるよ」と言いJR東日本から輸入した→
★JR東海の葛西会長が「JR東日本はいずれ泣きを見ることになる」と言いまたまた批判→
★中国政府要人、JR東日本から輸入している最中にもJR東海詣でを繰り返し、葛西さんに媚びまくった→
★中国新幹線が開通後も、JR東海の葛西会長は中国批判継続、中国表向きは反論しながらも→
 リニア技術欲しさに裏では葛西さんに媚びまくってる(超電導リニアを発明できたのは日本だけ→
 常電導のドイツのトランスピッドとは比較にならない高性能リニア。上海リニアもドイツのトランスピッド)→
★JR東日本をナメまくってる中国が特許申請。ちなみに中国の要人がご機嫌伺いにやってくる企業はJR東海だけ




189:名無しさん@涙目です(長屋):2011/06/29(水) 00:26:04.45 ID:S5QDx9VU0
>>175
葛西さんの身の安全が心配だ・・。




192:名無しさん@涙目です(dion軍):2011/06/29(水) 00:30:38.03 ID:ERJe+nTL0
ちなみに
胡錦涛と温家宝が名指しで批判した日本企業経営者もJR東海の葛西さんだけ

胡錦涛と温家宝が葛西さんを名指しで批判し恫喝

葛西さんが胡錦涛と温家宝を名指しで批判し、やれるもんならやってみろと挑発

胡錦涛と温家宝が沈黙したのち、葛西さんに媚びたwww

一方JR東日本は最初から土下座・朝貢モード

葛西さんは「技術を与えるほうが、もらう方にペコペコしてんだから、話にならん」と激怒




200:名無しさん@涙目です(東日本):2011/06/29(水) 00:37:30.30 ID:kbWLpc4J0
中国がお願いして、新幹線を日本に教わる
 ↓
パクッって自国で走らせる
 ↓
海外に売る
 ↓
海外で特許を取得する
 ↓
日本でも特許を申請する  ←いまここ
 ↓
日本で特許が認められる
 ↓
日本の新幹線を特許侵害で訴える
 ↓
日本敗訴
 ↓
日本が中国の許可を得て新幹線を作る




226:名無しさん@涙目です(北海道):2011/06/29(水) 01:00:59.50 ID:zMHlNCNN0
ネトウヨがあれほどやめろと警告してたのにブサヨはこれだから・・・・







<コメント>

我が国「日本」の高速鉄道は、それこそ血のにじむ様な努力を重ね1964年に日本独自の純国産技術で開業した、世界的にも誇れる高速鉄道なのです。

1964年に時速200キロを超えるスピードで走る鉄道を、外国技術を一切導入せず自力で開発したのは、世界的に見ても驚くべき技術力なんですよ。この技術は、近隣のアジア諸国にはとても真似出来ることではありませんでした。

当時の高速鉄道は、世界中でもフランス国鉄TGVがあっただけなんです。

日本は0系を開発しその後も止まることなく車両開発を進め、「0系⇒100系⇒300系⇒500系⇒700系・E2系」というように、大まかに5段階ほどの車両開発を発展させてきました。

わが国が独自で開発し、愛し育て上げてきた新幹線を、なぜ中国なぞに横取りされなければいけないのでしょうか・・・

目先の金に目を奪われ、「日本の息子」でもある新幹線を中国に売り渡した、「自民党 二階俊博」「JR東日本」「川崎重工業」は日本人としてとても許すことができない。

今回の事態は、当初から予想されていたことだ。

JR東海の葛西会長は、こうなることをある程度予測していたから、中国からの要請を徹底的に拒否しました。


金欲しさに中国政府に媚へつらい、判っていたリスクになんの対処もしなかった「JR東日本、川崎重工業」の結果がこれだ・・・

団塊世代の企業トップは、日本にとって害悪です。アホって言葉すら生ぬるい!



日本人が愛する新幹線の歩みです。

0系
 【 0系新幹線 】
愛すべき初代の新幹線です。


100系
 【 100系新幹線 】
0系がよりシャープな顔つきとなった。


300系
 【 300系新幹線 】
完全にスピード重視となり時速270キロ運行を実現した。


500系
 【 500系新幹線 】
宇宙船のようなデザインで、最高営業時速が300キロを達成。


700系
 【 700系新幹線 】
JR西とJR東海の共同で開発で、空気抵抗や振動、騒音の
低減のためエアロストリーム型となった先頭車両が特徴。


E2系
 【 E2系新幹線 】
東北・上越新幹線の限定で、最新技術の導入により快適性を向上させた。






TOPページへ戻る
関連記事
この記事へのコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2014/09/08(月) 13:27 | | #[ 編集]
URL:
Comment:
Pass:   

 | Copyright © どうしよう…  もう日本人やめよっか? All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。