【南三陸町職員 遠藤未希さん遺体発見】 命の限り叫び続けた女性職員

日本の守護神様、どうか日本を蝕む売国奴議員と特ア3兄弟に天誅を!
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011/05/02(月)


防災対策庁舎

津波に襲われ鉄筋の骨組みだけが残った防災対策庁舎。遠藤未希さんは2階から放送で避難を呼び掛けていた=3月26日、宮城県南三陸町



御自身の命を犠牲にして住人に避難を呼び掛け、行方不明になっていた宮城県南三陸町の職員、遠藤未希さん(24)の御遺体が発見されたとのニュースが入りました。




*

<産経ニュースより>
防災無線で避難呼び掛けた女性職員の遺体発見 左足首に夫プレゼントのミサンガ 
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110502/dst11050211290008-n1.htm

2011.5.2 11:24
津波で甚大な被害を受けた宮城県南三陸町で、津波到達の直前まで防災放送で町民に高台への避難を呼び掛け続け、自らは行方不明となっていた同町職員、遠藤未希さん(24)とみられる遺体が2日までに、同町の沖合で見つかった。

母親の美恵子さん(53)によると、遺体は4月23日、捜索隊が発見。昨年7月に結婚した夫(24)がプレゼントしたミサンガが左足首に巻かれ、右肩のあざなどを夫が遺体の写真で確認した。

未希さんは夫と石巻市に住み、南三陸町役場に通っていた。遺体は町内に安置され、家族は今後、遺体を引き取り火葬する予定。

遠藤さんは、昨年危機管理課に配属。3階建ての防災対策庁舎の2階で「6メートルの津波が来ます。避難してください」などと防災放送で何度も呼び掛けた。庁舎に残った約30人の職員のうち助かったのは10人で、遠藤さんも行方が分からなくなっていた。



「大津波がきます!早く逃げてください!」
街全体が津波にのみ込まれ約1万人の安否が分からなくなっている宮城県南三陸町は、町役場が跡形もなくなるなど壊滅してしまった。南三陸町では、多くの町職員、警察官、消防職員が行方不明となってしまった。その中には自身が津波に襲われるまで、防災無線放送で住民に避難を呼びかけた女性職員がいた。

同町職員の遠藤未希さん(24)である。

遠藤未希(みき)さんは同町の危機管理課職員。地震後も役場別館の防災対策庁舎3階に残り、無線放送を続けた。 難を逃れた町職員によると、地震から約30分後、高さ10メートル以上の津波が町役場を襲った。助かったのは10人。庁舎屋上の無線用鉄塔にしがみついていた。その中に未希さんはいなかった。

津波到達の直前まで防災放送で町民に高台への避難を呼び掛け続け、自らは行方不明となっておられました。


御両親も、「娘が見つかるまではここを離れられません」とおっしゃってましたが、多くの御遺体が発見不明の中で本当に見つかってよかったと思います。


遠藤未希さんは自身を犠牲にし多くの住人を救われました。
死してその名を残されました。

あなたのお名前は、未来永劫語り継がれていきます。あなたのお陰で助かった方の中には、小さなお子様もいらっしゃるでしょう。その方々の子々孫々まであなたのお名前は語り継がれていくでしょう。


「私達はとても立派な方の犠牲のお陰で命が受け継がれているのだ」と…


昨年7月に結婚なされたばかりで、希望に満ちあふれた人生の過程であったでしょう。しかし御自身の命は、多くの方の命を救うために犠牲にされました。


あなたのお名前は永遠に残り、御立派な最後は語り継がれていきます。

ご冥福をお祈り申し上げます。









TOPページへ戻る
関連記事
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   

 | Copyright © どうしよう…  もう日本人やめよっか? All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。