【2011世界選手権は早くもキムチ優勝決定】 ヨナSP1位はあり得ないだろ!

日本の守護神様、どうか日本を蝕む売国奴議員と特ア3兄弟に天誅を!
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011/04/30(土)


72d6da1891f0372dbf1ce002a5a78987.jpg


ふざけんな!
昨夜はTVに向かって怒鳴ってしまった…
思わず持ってたビールを投げつけそうな勢いだった!

しかし怒りがおさまらん!ふざけんな!



どうしてキムヨナがSP1位なの?
冒頭から3回転失敗したのに、ノーミスで完璧だった安藤を僅差で抜いて1位ですと…?

やっぱり危惧していた通り「キムヨナマンセー」のイカサマで、ショートプログラム終わった時点でフリー競技するまでもなく「キムヨナで優勝決定」でしょ!


TV見てたが、キムヨナの点数が出て男性アナが「キムヨナが1位に立ちました~」って言ってるときに、解説の八木沼さんが

「あはは、高すぎ~」


って、なかば呆れ笑いしてる声がかすかにではあるが、はっきりと聞こえたぞ…

もうさすがに呆れるしかないな…
*
2011.4.29
フィギュアスケート・世界選手権第5日(29日、モスクワ)女子ショートプログラム(SP)が行われ、安藤美姫(23)=トヨタ自動車=が65・58点で2位発進。連覇を狙う浅田真央(20)=中京大=は58・66点で7位と出遅れた。約1年ぶりの国際大会出場となった金妍児(韓国)が65・91点で首位に立った。

安藤は3つのジャンプをすべて決め、ステップとスピンでも高い評価を得るなど、ほぼ完ぺきな演技で65・58点の高得点を叩き出した。浅田は冒頭の3回転半が2回転半の判定となり、さらに両足着氷となるミスがあるなど得点が伸びず58・66点で7位。村上佳菜子(16)=中京大中京高=は、冒頭の連続3回転は決めたが、2回転半で着氷が乱れるなど細かなミスがあり54・86点で10位となった。

クセニア・マカロワ(ロシア)が61・62点で3位。GPファイナルを制したアリッサ・シズニー(米国)は61・47点で4位だった。

安藤美姫
「疲れが出てスピード感がなかったところもあるが、それ以外は良かった。練習が自然に染み付いて大きなミスにつながらなかった。フリーは曲と一体感を出せるよう、強い気持ちでいきたい」

浅田真央の話
「結果は受け止めている。トリプルアクセルはこっちで1回も跳べていなかったので不安はあった。(原因は)自分でも分からない。フリーでもトリプルアクセルは跳ぶ予定。安定した演技をしたい」

村上佳菜子
「ちょっと緊張した。ダブルアクセル(2回転半ジャンプ)は練習から緊張して、ぴしっと決めることができなかった。きょうはすごく悔しかったので、絶対あしたは挽回したい」

金妍児の話
「最初は少し緊張してしまった。ミスをしたのでどんな点数が出るかと心配だった」(SANSPO.COM)





2011年の世界選手権は、日本開催の予定だったが震災による放射能汚染の影響で、急きょ1ヵ月遅れでロシア開催と開催地の変更がありました。

ロシアであれば、朝鮮による審査員買収はないだろうと思っていたが、やはり考えが甘かったな…

解説の八木沼さんも言っていたが「キムヨナの最終滑走」に対して、うろ覚えですが「公正なくじ引きの結果なんでしょうか?」って疑問符言ってた気がしたが…

キムヨナが最終滑走であれば、バンクーバーオリンピックの時のように1位にするための安全率みての爆上げ採点でなく、僅差の1位を設定できますからね。

バンクーバーオリンピックでは、キムヨナが真央ちゃんより前の演技だったんで、真央ちゃんが完璧演技でもヨナが絶対に1位になる爆上げ採点で、世界から失笑を買ってしまったからね。

しかし、フィギュア界の至宝である日本勢をここまでコケにするとは、本当に、絶対に、心の底から許せません!


今回は最初から採点が辛すぎる感じがしましたが、村上佳菜子選手が54・86点、安藤美姫選手が65・58点、浅田真央選手に至っては58・66点とは…

安藤選手は66~67点台でもおかしくなかったと思うし、真央ちゃんはやや元気がなく調子も悪そうだったが、連覇阻止のための爆サゲの感があった。

外国人選手もトップスケータ勢が軒並み「60~61点台」で、明らかに低すぎと疑問の表情を浮かべていましたね。もうキムヨナ優勝のシナリオがアリアリの結果なんでしょうが、選手たちは必死に練習してきて真剣に演技しこのイカサマ採点では、本当に納得いかないでしょうし可哀そう過ぎます。


TV解説の荒川さんが、怒りを押し殺した表情が全てを物語っていましたね。もう荒川さんもハッキリ言ってあげてよ。


こんな採点はおかしい!不正だって!


もう結果は判っていますが、フリーでも日本選手に頑張っていただきたいと思います。恐らくキムヨナの優勝か、失敗が多ければ2位辺りで決まりでしょう。キムヨナがいる限り、もうフィギュアはスポーツではなくなった。


安藤選手は大器晩成型なんでしょうが、昨年からの安定感は抜群ですね。すでに5戦4勝ですか?。演技見ていても失敗する気配すらないし、安心して見ていられるよね。この調子でノーミスで頑張っていただきたい。ミスさえしなければ、ヨナの自滅でイカサマ不発があるかもしれないので、まずはノーミスが優勝への絶対条件です!



真央ちゃんは、TVで表情見てると本当に元気がないね…
日本が大地震になったんで、精神的に不安定なのでしょうか?
日本の至宝である浅田真央ちゃんには、笑顔が一番似合います。
被災地のみんなに元気が湧くように、いつも笑顔でがんばっていただきたいですね。


何度も言いますが、浅田真央は日本の至宝です。

たとえスケートを引退したとしても、日本人の至宝であることには変わりはありません。幼少のころから日本に元気と勇気を与え続けてきてくれた、浅田真央ちゃんを全力で応援しましょう!



浅田真央

安藤美姫

村上佳菜子


浅田真央







TOPページへ戻る
関連記事
この記事へのコメント
SP、キムヨナの演技が安藤美姫より点数がいいなんて信じられません。去年の世界選手権に引き続きキムヨナに対する採点はおかしすぎます。フリーの試合を見るのが憂鬱です。
2011/04/30(土) 19:05 | URL | かりん #-[ 編集]
URL:
Comment:
Pass:   

 | Copyright © どうしよう…  もう日本人やめよっか? All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。