【大津波による壊滅的な被害】 何と言うことでしょう…

日本の守護神様、どうか日本を蝕む売国奴議員と特ア3兄弟に天誅を!
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011/03/12(土)


東北・関東大地震
産経ニュースより



「極左政権のときは大規模な天災がおきる」と言われていますがこれほどとは…
過去最大規模の大地震である。

宮城県警によると、仙台市若林区で200~300人の遺体が見つかったらしい。若林区役所によると、区内の津波警戒地域内にある約1200世帯全てが津波の被害で壊滅らしい。

福島県では336人が行方不明とのこと。岩手県大船渡市内で中学生23人を含む48人が津波で行方不明となっている模様。

東北沖で起きた大地震の甚大な被害はもはや言葉になりません。
建物倒壊による被害よりも、大津波による壊滅的な被害は凄まじいばかりです。

今回のマグニチュード8.8と言う地震の規模は、6000人以上の死者をだした阪神淡路大震災の180倍らしいです。大規模な津波が過ぎた後は火災が発生し、あらゆるところで大火災が発生している模様。


福島原発も原子炉を冷やすための冷却水ポンプが動かず、放射能漏れの可能性があるため半径3km以内の住民に避難勧告が発令されています。


*

村山政権の時は阪神淡路大震災があり6000人以上の人命が失われました。菅政権では過去最大の大地震が発生し大津波により多くの人命が失われました。

村山の時とは違って今回は、自衛隊の災害救助派遣の決断は速かった。辻元清美は今回も「自衛隊の救援物資はもらうな」ってビラ配りすんのか?

頼むからもう余計なことはするな!

<産経ニュース>
襲いかかる巨大津波「怖い、死にたくない」
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110312/dst11031200120002-n1.htm

仙台市を南北に流れる名取川河口付近。11日、海から押し寄せた茶色い巨大な津波が川を逆流して堤防からあふれ出し、船や車、大量の木、住宅までも根こそぎのみ込んだ。成長する生きもののように動く濁流が、畑を覆い広がり続けた。ところどころに火災が発生した建物も。濁流は速度を緩めずに一段高くなった高速道路にどんどんと近づき、インターチェンジそばまで達した。接近する流れから逃れるように走り去る車や、あわてて車を降り、走って逃げる人も。

「ああっ、車を流された」と話す男性に「怖い、死にたくない」と泣き叫ぶ女性。「地震よ! 布団かぶって」。宮城県山元町の平田外科医院の看護師長土佐さた子さん(57)は、入院患者に向かって叫んだ。「どんどん揺れが大きくなり、歩けなくなった」。17人の入院患者は、ベッドの上で布団をかぶって震えた



dst11031120100165-p1.jpg


dst11031122160206-p1.jpg




亡くなられた方のご冥福を心よりお祈り申し上げます。



迫りくる津波の恐怖 これはむご過ぎる…(涙)










TOPページへ戻る
関連記事
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   

 | Copyright © どうしよう…  もう日本人やめよっか? All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。