【ビラを北朝鮮に向けて散布する予定】 韓国は後の責任とれるの?

日本の守護神様、どうか日本を蝕む売国奴議員と特ア3兄弟に天誅を!
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011/02/26(土)





朝鮮日報より気になる記事を。

韓国は北朝鮮に向け、「中東の民主化デモなどの内容を伝えるビラを数千万枚飛ばす計画」だそうだ。ビラを通じてデモを誘発し、金政権の倒幕を狙ってるのだろうが…

しかし、かりに独裁国家が倒れた場合、韓国は後の事を考えてるのでしょうか?

北朝鮮は超貧乏国で国民は餓死寸前の状態。仮に朝鮮統一となったら莫大な予算が必要となるのだが…

韓国さん、最後まで責任とれますか?

*



<朝鮮日報より>
北朝鮮に中東デモのビラ、当局は火消しに総力
http://www.chosunonline.com/news/20110226000021

北朝鮮で、中東の反政府デモ関連のニュースが市場や各大学を中心に広がっていることを受け、北朝鮮当局は電話回線を遮断するなどの非常手段でこれを食い止めるための対応に乗り出したことが25日、分かった。米国の自由アジア放送(RFA)が同日報じたところによると、北朝鮮当局は情報の遮断と言論統制に総力を挙げているが、大学や市場を中心にうわさは徐々に広まっているという。
(つづく)


ちなみに、北朝鮮の所得水準を韓国の8割の水準に引き上げるための統一費用は、30年間で最小2兆ドルから最大5兆ドル必要という…


【韓国ブログ】統一費用韓国国民1人当り4万ドル、日本も出す?
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2010&d=0106&f=national_0106_011.shtml

韓国国民は、北朝鮮と韓国の統一を本当に望んでいるのだろうか。韓国統一部のブログの「統一未来の夢」というタイトルからも分かるように、分断された祖国の統一は、韓国国民の悲願である。しかし、この「韓国国民の悲願」も、「すべての韓国国民の悲願」とはいかないようだ。北朝鮮と韓国に分かれて住み、自由に会うことも許されていない離散家族の問題などを考えれば、「北朝鮮と韓国は統一されて1つの国となるべし」と考えるだろうが、現実問題はそうもいかないらしい。最大の問題「お金」の問題があるからだ。

アメリカ系新聞の韓国版に「北朝鮮の所得水準を韓国の8割の水準に引き上げるための統一費用は、30年間で最小2兆ドル、最大5兆ドル必要だ」という主張が提起された。 そして、この統一費用を用意するためには今から準備をするべきだと米国の北朝鮮専門家が主張した」と言うのだ。

この記事の中で注目すべき記述がある。
費用の準備に関する記述だが、ピーター・ペク米国スタンフォード大アジア.太平洋センター研究員が、ウォールストリートジャーナルへの寄稿文の中で「韓国以外に誰が、統一費用を分担するのか。日本が最も大きい資金源になる。過去植民支配に対する賠償で日本が北朝鮮に支給を準備中の100億ドルは多少なりとも役に立つ」と言っているというのだ。

記事では、日本が北朝鮮に対して過去の植民支配に対する賠償金を準備しており、さらに金額が100億ドルというが、そもそも日本は賠償金など払うのだろうか。この100億ドルの賠償については、2008年に李明博大統領が、北朝鮮支援に向けた400億ドル規模の国際協力基金構想を発案し「日朝関係改善による賠償資金が約100億ドルになる」との推計を述べたが、これが根拠になっているのだろうか。

しかし、日本が韓国と国交を回復した際に韓国に対して支払われたのは、賠償金ではなく、経済協力に関する資金であった。また、平壌宣言において、北朝鮮は日本に対して賠償の請求する権利がないことを確認している。つまり、日本が好意で、資金援助することはあっても、賠償金を必ず払うと言うことではないのだ。

拉致問題にも明確な回答がなく、核ミサイル問題など、現状では日本が「好意で」資金援助をする可能性は低いように思える。韓国国民は、統一資金をしっかりと準備しなくてはいけない。(編集担当:朴プル)



韓国人ってホントに短絡的で他力本願なんですね。とっても素敵な国家です。朝鮮の統一費用をなぜ日本が負担せねばならない?

頭にウジが湧いてるのでしょうか?
日本はかつての朝鮮併合時に、どれだけのお金をかけてインフラ整備をしてやったと思ってるんだ!

日本は韓国に対して戦前資産50億ドルもの資産を放棄した。
1965年の日韓基本条約においても、戦後賠償8億ドルもの巨額の賠償を行っている。そして日韓基本条約には以下の言葉が記されている。「戦後処理は完全かつ最終的に解決されたこととなることを確認する」(協定第二条1)

戦後賠償は、無償・有償あわせて合計8億ドル。当時は1ドル360円だから2,880億円。昭和40年の物価で2,880億円てったら今の物価換算でいくらになるのでしょうか?

これは当時の韓国の国家予算の2.3倍であり、いかに高額だったかが分かりますよね。ちなみにこの清算金は、朝鮮半島全地域が対象であり、韓国政府が「北朝鮮を統一したら北の人に支払うから北朝鮮の分もくれ」と言って持って行った額である。

個人補償は日本政府が個別に支払うと提案したのに、韓国政府が責任持って支払うからと全部持って行った。


しかし条約締結の後、韓国は日本からの清算金を個人の賠償対象者に支払っていない。当然、北朝鮮側にも支払っていない。


韓国はこの南北朝鮮を対象として支払われた清算金を、「漢江の奇跡」と言われた国家発展のために活用したのだ。個人補償も含まれていたのに、だ。

そして驚くべきことに、韓国政府はこの条約のことを最近まで国民に知らせていなかった。個人に支払うべき清算金を国家発展に流用したことを隠す為であろうか。

そのために韓国人は未だに日本が賠償責任を果たしていないと思いこんでたし、「戦後処理は完全かつ最終的に解決されたこととなる」賠償問題について日本政府を相手に訴訟を起こしたりしていた。

韓国政府は最近になって、個人補償は日本政府に請求できないと韓国民に説明している。この韓国政府の無責任な行為は、韓国国民及び日本国民も良く知る必要があると思う。


朝鮮半島についての戦後処理は、日韓基本条約にて「完全かつ最終的に解決されたこととなる」となっているので、今後一切お金を支払う必要はない。

南北朝鮮などの反日教育で国民を洗脳する国家に二度と金を出すべきではない!


日本はATMではない!

日本国民の血税を政治家が適当にバラまくな!

出したいなら自分の金でやれ!













TOPページへ戻る
関連記事
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   

 | Copyright © どうしよう…  もう日本人やめよっか? All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。