「言うことを聞かなかった」 同居の5歳に重傷負わす

日本の守護神様、どうか日本を蝕む売国奴議員と特ア3兄弟に天誅を!
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011/01/17(月)



001.jpg




またしても幼い児童への暴行事件が伝えられました。


昨年、大阪で凄惨な結末を迎えた幼児置き去り事件がありました。
国民の多数が、可哀そうな幼児二人に涙を流した事件です。

日本中が凄惨な事件に悲しみましたが、幼児(児童)への虐待が無くなることはありません…




*

「言うことを聞かなかった」 同居の5歳に重傷負わす
MSN産経ニュースより
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110117/crm11011713010016-n1.htm

2011.1.17 12:59

同居女性の長男(5)をけって肝臓損傷の重傷を負わせたなどとして、警視庁浅草署は傷害の疑いで、東京都台東区千束、無職、我喜屋(がきや)勝容疑者(38)を逮捕した。同署によると「お風呂に入れようとしたが言うこと聞かなかった。しつけとしてやった」と容疑を認めている。

長男の背中には、打撲やタバコによるやけどのような傷跡があるといい、同署は継続的な虐待の疑いもあるとみて、我喜屋容疑者に事情を聴いている。

長男は暴行の翌日、腹痛を訴えて複数の病院を受診。長男から暴行を告白された医師の連絡を受け、同署などで捜査していたところ、14日夜に出頭した我喜屋容疑者が犯行を認めた。

我喜屋容疑者と女性(31)は以前からの知人で昨年12月ごろから、女性のマンションに3人で同居するようになったという。

逮捕容疑は12日夜、同居する女性方で、保育園児の長男の腹を数回けり、3カ月の重傷を負わせたなどとしている。



いくら言うことを聞かないからって5歳の子供の腹を蹴飛ばすとは…

大人のやることではありません。

いつまでたっても児童への虐待はなくなりません。これまでのような甘っちょろい刑罰ではなく、無抵抗な弱者への殺人未遂容疑として重罪を科せるよう、刑法の改善を望みます。


子供は国の宝です。こと無かれ主義ではなく、私達は児童虐待へ毅然とした態度で臨みましょう!




img_849756_31920252_1.gif






TOPページへ戻る
関連記事
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   

 | Copyright © どうしよう…  もう日本人やめよっか? All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。