【選択的夫婦別姓を早期実現しろ】 夫婦別姓は国民に有益なの?

日本の守護神様、どうか日本を蝕む売国奴議員と特ア3兄弟に天誅を!
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011/01/11(火)



879767.jpg
花うさぎの「世界は腹黒い」さんより画像お借りしました




信濃毎日新聞が「選択的夫婦別姓」を導入させようと、韓国マンセー捏造記事を垂れ流してやがる…

マスコミは大多数の国民の声を無視して、バカな洗脳記事を垂れ流すんじゃない!

そもそも日本の婚姻制度の改革に韓国なんか関係ない。韓国がウンタラカンタラって言ったって問題点の解決にはなりもしない。

バッカじゃないの?
信濃毎日新聞の韓国籍記者さんは?





*

なんともはや、韓国韓国って耳や目が腐るから勘弁してください。韓国経済マンセー、K-POPマンセー、韓流ドラママンセー、キムヨナマンセーってもううんざり…

私は日本国に住む日本人ですから、なんでもかんでも韓国流マンセーはヘドがでます。


この「選択的夫婦別姓」にしたって「外国人参政権」にしたって、日本国民に本当に利益があるのか日本国民の主権に関わる問題ですから、「韓国はウンタラカンタラ」っていちいち韓国を持ちあげる意味が解りません。



「夫婦別姓 早期実現に歩を進めよう 」
【信濃毎日新聞 毎日web】
http://www.shinmai.co.jp/news/20110108/KT110107ETI090007000022.htm

民法には、結婚の際夫か妻のどちらかが改姓しなくてはならないという夫婦同姓の規定がある。これが憲法の定めた個人の尊重や両性の平等に反するとして、夫婦別姓を望む人たちが国を相手に訴訟を起こす。この問題をめぐり世論を呼び起こすねらいもあるという。

「選択的夫婦別姓」の導入に向け、政府の法制審議会が要綱をまとめたのは15年も前のこと。夫婦が希望すれば、結婚後もそれぞれの姓を名乗れるという制度である。当時の与党、自民党内に反対論が噴出し、民法の改正は見送られてきた。

民主党は違う、と期待をかけた有権者もいたはずだ。選択的夫婦別姓は、民主党の看板政策の一つである。野党時代から法改正を求め続け、2009年総選挙の政策集にも盛り込まれた。

だが民主党政権になった後も、足踏みが続いている。与党内からも反対論が出て、法案の国会提出のめどは立っていない。

多様さを増す現代の家族の姿を踏まえて、民法を望ましい内容に見直すのは、国会の役割である。民主党は原点に戻り、早期実現に歩を進めてもらいたい。

夫婦や家族のあり方について、個々の考え方が異なるのは自然なことだ。選択的夫婦別姓に対する世論も賛否が割れている。

大事なことは、夫婦別姓が認められないために、社会生活上の不利益や精神的苦痛に耐えかねている人たちが存在する、という事実である。

結婚後も旧姓で仕事を続けたいという女性が増えている。通称として旧姓の使用を認めている職場は多い。ただ、公的文書には原則、戸籍姓しか使えないなどの制約がある。実際、旧姓と戸籍姓との使い分けはわずらわしい。

別姓を求める声は、女性からだけではない。夫婦同姓を強いられる違和感、相手の姓を大事にしたいという願いは男女に共通する。別姓が認められないために事実婚を続けるカップルもいる。

「別姓は家族の絆を崩壊させる」といった反対論がある。論理に飛躍が過ぎないか。たとえば、韓国は夫婦別姓だが、家族の結びつきの強さで知られる。

もちろん、同じ姓に絆を求める考え方は尊重されていい。別姓を求める考え方と同様に、である。選択式であれば、互いに不利益は生じない。

この制度を、多様な価値観や生き方を認め合う社会への一歩ととらえたい。道を開くときである。





日本には独自の家族制度があり、これは日本人が長い期間をかけて築き上げた文化文明であります。日本にはきちんと身元を証明する戸籍制度があるから、日本国パスポートも国際的信用度が抜群に高いのです。


もし万が一、夫婦別姓制度が出来たって日本でそんなの定着しないでしょう。芸能人とか作家みたいな特殊な職業の人ならともかく…

たとえば、「お父さんとお母さんが違う苗字」って日本人の感覚としては物凄い違和感と言うか不快感があると思いませんか?。


民主党が主導する夫婦別姓法案では、

・「夫婦は別姓が可能」
・「子供は父母どちらかの姓にする」
・「複数の子供がいる場合、子供の姓は父母どちらかの姓に統一する」


という内容みたいです。以前の民主党法案は、子供ごとに父母どちらかの姓を選択することになっていたみたいですけど。


子供の問題ばかりではありませんよ。戸籍上は夫婦でも姓が違うのであれば、表札には2通りの表札が必要になるし、地方の田舎では親と同居するケースも根強く残っているはずだから、祖父母まで入れると4種類の姓が存在したりする場合も!?

役所や郵便局の戸籍管理も大変だこりゃ。
ご近所さんでも、「あそこの御主人は山田さんで、奥さんは古賀さん、子供さんは山田さんで、お爺ちゃんは山田さんで、お婆ちゃんは佐藤さん」って場合はメチャややこしい。


で、死んだ後はどうなる?

従来は死んでしまったら、その家系のお墓に入ることになりますが、姓が違えばお墓はどうすればいいのでしょうか?

墓石に二つの姓を刻むとして、核家族ごとにお墓が必要になるのでしょうか?。



こんな制度を熱心に説いてるのは、「社民党 福島瑞穂」を筆頭とするアホな日本人もどきの朝鮮女ばっかりじゃないんですか?。朝鮮系に毒された民主党男性議員も沢山いるでしょうけど…


バカな議員や有識者モドキは、国民の声を無視して強引に進めようとしていますが、「日本国憲法の三大原則」というものがあります。

「基本的人権の尊重」「平和主義(戦争の放棄)」、「国民主権」。

【国民主権】
国民主権は、国民が政治権力の源(拠り所)・責任主体であり、政府は国民の意思により設立され運営される機関であるとする思想のこと。主権在民または人民主権ともいう。


つまりは、「国民主権」とは国の政治の在り方を最終的に決することのできる力又は権威が国民にあるという意味ではないでしょうか。


この「選択的夫婦別姓」や「外国人参政権」は、国民の生活を根底から覆す恐れのある法案です。一部の主導者による強引な法案可決ではなく、正々堂々と国民投票を願いたい。

こんなバカな法案は、国民投票により国民の総意として完全に息の根を止めてもらいたい。




879768.jpg





大多数の国民になんの利益があるのでしょうか?

デメリットばっかりのようですが!


TOPページへ戻る
関連記事
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   

 | Copyright © どうしよう…  もう日本人やめよっか? All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。