【太宰府、車が池に転落 6人死亡、男児重体】 イブに起きた悲痛な事故

日本の守護神様、どうか日本を蝕む売国奴議員と特ア3兄弟に天誅を!
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/12/25(土)



dst1012250925002-p1.jpg




楽しいはずのクリスマスイブに悲痛な事故が起きてしまいました…
福岡県太宰府市で事故にあったワゴン車がはずみで池に転落し、若い男女6人が無くなり生後6ヶ月の男児が意識不明の重体だそうです。






*


<毎日新聞より>
ワゴン車転落:衝突し池へ 高校生ら6人死亡 福岡
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20101225k0000e040013000c.html

24日午後11時40分ごろ、福岡県太宰府市向佐野4の県道で、ワゴン車と乗用車が衝突。ワゴン車は道路脇の篠振(しのふり)池(水深約2.5メートル)に転落した。福岡県警筑紫野署は、ワゴン車に乗っていた9人のうち男性2人と女性3人の死亡を確認。残る4人のうち男性2人と女性1人は自力で車から脱出したが、救出された男児1人は意識不明の重体。さらに乗用車の運転手とみられる男性も池の中で見つかり、死亡が確認された。

同署によると、死亡したのはワゴン車に乗っていた
▽同県八女市黒木町木屋、県立八女農業高校3年、井手綾美さん(17)
▽同県久留米市荒木町藤田、同、石原瞳さん(18)
▽同県筑後市山ノ井、同、末吉泰子さん(18)
▽八女市黒木町大淵、農業手伝い、佐藤慎一郎さん(18)
▽同町湯辺田、アルバイト、山本翔さん(18)

の5人と、乗用車の運転手とみられる太宰府市青葉台4、アルバイト、秦(しん)智之さん(26)。

脱出した3人は八女市黒木町在住の18歳でいずれも軽傷。女性は無職、男性はパート従業員と福岡県内の私立高校生という。(以下続く)



<毎日新聞より>
ワゴン車転落:「子供が中に」叫ぶ母 近隣総出で救助
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20101225k0000e040023000c.html

暗い池にゆっくり沈んでいく車、助けを求める母親の声--。福岡県太宰府市で24日深夜に起きたワゴン車と乗用車の衝突事故は、若い男女6人が死亡し、乳児1人が重体となった。近所の人たちが必死に池に浮かんだ男女を助けようとしたが、力尽きて沈んだ人もいた。助かった乳児の母親は何度もわが子の名を呼んで助けを求め、集まった人たちはクリスマスイブに起きた惨事が信じられない様子だった。【関谷俊介、扇沢秀明】

ワゴン車が転落した篠振(しのふり)池に隣接して建つマンションの会社員、柚木藍さん(20)はテレビを見ていると、クラクションの大きな音がして外に出た。そこには信じられない光景が広がっていた。

周囲が数百メートルの池の中央付近に車が浮かび、池のほとりにある歩道横の柵は約10メートルにわたってぐにゃぐにゃに折れ曲がっていた。「ロープはないか」。そう叫ぶ男性の声が聞こえ、池の中ほどから歩道方向に向かって泳ぐ女性の姿が見えた。

この日の太宰府市の最低気温は3度。日中から8メートル前後の強風が吹いていた。池の周辺に集まった人たちがさしのべたロープにつかまり、女性が水面から高さ2メートルはある歩道の上まで引き揚げられると、池に向かって子供の名前を何度も叫んだという。

近くに住む会社役員、古賀博樹さん(55)も雷のような大きな音の後しばらくして「助けて」という声を聞いた。外に出ると池に車が落ち、水面に4人の姿が見えた。「中にまだ人がいる」という叫び声も聞こえ、近所の人が総出でロープなどを投げたが、なかなか届かなかったという。妻の優子さん(50)は毛布を持って駆けつけ、助け出された女性を温めた。女性は「子供が中にいる。まだ6カ月なのに。助けて」と叫び続けたという。

池に落ちたワゴン車は事故後しばらくして到着したクレーン車で道路側にゆっくり引き揚げられた。中から次々に男女が助け出されたが、動きのある人は誰もいなかった。

ワゴン車が引き揚げられたのは、事故から約2時間半たった25日午前2時20分。乗用車を運転していたとみられる秦(しん)智之さん(26)は、最後に午前4時10分に収容された。

柚木さんは「クリスマスイブにこんな事故が起こるなんて」と祈るような表情で救出作業を見つめた。「3人は何とか陸に上がったが、1人は力尽きて沈んでいった。どうしようもなかった」。古賀さんはぼうぜんと振り返った。

毎日新聞 2010年12月25日 11時10分(最終更新 12月25日 12時24分)




<コメント>
悲しい事故です…

楽しいはずのクリスマスイブの夜に、まだ若い6人の方が無くなってしまうとは…
しかもその内の5人はまだ10代だったとは…

ワゴン車の方は定員オーバーの大人8人と生後6ヶ月の乳児が1人乗っていた模様。
事故の過失がどちらにあるか分かりませんが、悲痛過ぎて言葉がありません。


記事によると事故を起こしたもう片方のドライバー 秦智之さん(26)も、池に転落したワゴン車の方を助けようと池に飛び込み、そして冷たい池で力尽き亡くなられたようです(涙)。


なんと責任感の強い若者でしょうか…
己の命を賭してワゴン車に残された方を助けようと池に入られたのでしょう。

ほとんどの当事者は茫然自失で眺めることしか出来ないでしょうが、この方は一人でも助けようと己の責任を全うされた。本当に責任感の強い方だったのでしょう。

そして冷たい水の中、ご自身も亡くなられてしまった…
ご自身にも妻やお子さんがおられたのでは…、と思うと心が痛みます。


亡くなられた方々のご冥福を心よりお祈り申し上げます。



後日談ですが、生後6ヶ月の男児も病院で死亡したそうです(涙)





ちょっと話が横道にそれますが、日本の政治家もこの若者の行動に何かを感じてほしい。



今の政治家には、この若者のように「己の責任に命を掛ける」ような人物はいない。多くの国民に負担を押し付け自身は責任逃れをし、いけしゃあしゃあとしてやがる。

政治家は国民の生活や、生命と財産を守る義務がある。
この亡くなられた若者のように、自身の責任に政治生命を掛けるような素晴らしい政治家が現れることを切に願うばかりです。



おい、鳩山!

聞いてるのか!





201004221652487c7.png






TOPページへ戻る
関連記事
この記事へのコメント
鳩山さんを責める意味がわかりません
ワゴン車は定員オーバーだったんですよね?
それなのに乳児を乗せるなんて...
乗用車の男性のかたがかわいそうですね
2010/12/25(土) 16:37 | URL | 通りすがりの名無しさ #-[ 編集]
若者の無軌道な行動が悲劇を生んだ 赤ん坊まで巻き添えにして…
死への恐怖と絶望の中池の汚ない水ガブガブ飲んで苦しみもがきながら死んでいった。

助けに入って溺死した若者がなんとも痛ましい。

政治家、官僚、役人天国 世界中どこも同じような仕組みの社会だがなぜに鳩ぽっぽ?

2012/11/28(水) 22:48 | URL | 名無し #-[ 編集]
自業自得

以上
2013/01/21(月) 05:02 | URL | クズの教習所 #-[ 編集]
このコメントは管理者の承認待ちです
2013/09/01(日) 21:06 | | #[ 編集]
このコメントは管理者の承認待ちです
2016/12/06(火) 23:35 | | #[ 編集]
URL:
Comment:
Pass:   

 | Copyright © どうしよう…  もう日本人やめよっか? All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。