【行くも地獄、戻るも地獄だな…】 韓国の大統領は手詰まりだ! 

日本の守護神様、どうか日本を蝕む売国奴議員と特ア3兄弟に天誅を!
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/11/25(木)



キャプチャ




北朝鮮の愚行が朝のニュースと夜のニュースでもちきりである。
昼のワイドショーは見れないので分かりませんが、昼の番組もこの話題でしょうね。


しかし、日本政府である民主党の国家的危機管理能力も悲惨なものです。
首相は民主党支持団体の朝鮮民団に配慮してか、首相が日本政府としての毅然とした非難声明も出せないし、代わりに極左の仙谷が記者会見で非難声明を出した程度だし…


朝鮮べったりの極左国家公安委員長「岡崎トミ子」

お前は何なのだ?
どさくさ紛れで北朝鮮がこの日本でテロを起こす可能性もあるのに、一度も登庁せずに警察への警備体制強化の指示もなく、ご自宅でのんびりですか?


日本国民の安全を担うトップがこの体たらくでは…
まったく泣けてきます。



*


話は戻りますが、韓国の李明博大統領は北朝鮮攻撃の手も打てず、かといって平和解決の手も打てずの手詰まり状態になっていますね。

韓国の国民感情としては、

・韓国を攻撃し韓国民の命を奪った北朝鮮は許せない
・断固たる措置をとるべき
・政府の措置は手ぬるい、これで国民の財産生命をまもれるのか


その一方では強硬姿勢を続ける韓国政府に

・こういった強硬姿勢は怖い
・戦争でもおっ始めるつもりか
・戦争だけはごめんだ


って国民感情の中でせめぎ合ってる状態のようですね。


誰だって戦争はごめんです。血なまぐさい争いはご免こうむりたいですよ。
国内の経済状態は悪化するし、食うものにも着るものにも困るし、なにより愛する家族に生命の危険が及ぶことがなにより怖い。


家族を思う気持ちは万国共通であると思います。


でも、自国を攻撃され自国民の命を奪われたたからには黙って見ているわけにはいかない。争いを仕掛けてるる北朝鮮には武力で応じなければ、今後もエスカレートする一方ですからね。




北朝鮮側とは国境線付近でこれまでも何度か小競り合いが発生していますし、最近でも韓国の哨戒艦が黄海上で爆発し沈没し46人の死者を出した。北側は一貫して関与を否認しているが、韓国は北朝鮮の魚雷攻撃によるものとして、国際社会を巻き込んでの非難合戦となった。

哨戒艦沈没の時は、いよいよ第二次朝鮮戦争勃発かと思ったが、韓国側は攻撃的に出れない…


韓国大統領のアキヒロは、断固たる措置にでると全面戦争も辞さない様子でありましたが、尻すぼみにヒートダウンしていきました。

そしてまたしても今回の砲撃事件…



J-CASTニュースから一部抜粋抜粋しますが、
http://news.livedoor.com/article/detail/5164246/

相手に応戦する場合は「倍返し」する規定

李大統領は今回の砲撃事件でも、「断固とした措置を取る」と表面上は強い姿勢を押し出している。ネットには、「李明博(大統領)や金滉植(キム・ファンシク=首相)をはじめ、軍歴のない人物は政府関係に就けないようにしなければ」「政治家は延坪島に行って(軍の)訓練を受けて来い」との批判が並ぶ。軍経験が少ないがゆえに言動や行動に歯止めがかからず、過激化して戦争につながると言いたいようだ。日本に留学中の韓国人留学生は取材に対して、北朝鮮に対しては怒りをあらわにするが、戦争だけは避けたいとの思いを打ち明けた。

その一方で、韓国で勤務する女性会社員に聞くと、同僚が「大統領は強硬姿勢を見せていたわりに、何もできなかった」と話していたという。報道によると、韓国軍は相手に応戦する場合は「倍返し」する交戦規定があるようだが、北朝鮮側から170発の砲撃があったのに対して韓国側の応戦は80発にとどまった模様だ。韓国民からは「政府の対応は手ぬるい」「弱腰だ」との怒りが拡大。砲弾が撃ち込まれてすぐ、李大統領が「戦闘を拡大してはならない」という消極的な命令を出した、出さないで政府の対応がばたついたことも批判を増幅させ、初動から非常時対応のまずさを露呈した。

韓国の主要紙「中央日報」で北朝鮮問題と国家安全保障問題を担当する記者に取材すると、「今回の事件は、韓国はまだ休戦下なのだという現実を知らせる強烈な警告になってしまった」と話す。政府は、「戦争だけはごめんだ」と李大統領の「強気路線」を嫌がる人たちと、「そんなに弱腰でどうするんだ」と批判する人たちの、二つの勢力の板ばさみで難しい舵取りを迫られている。この記者は、「当面は、『太陽政策』支持派は肩身が狭くなるでしょう」と、対北強硬派が勢いを増すと考える一方、「ただし韓国内の北朝鮮政策に関する意見はさまざま。対話を重視する人たちも、まだ強い影響力を持っています」と話している。



超強硬措置により戦争になれば「戦争責任」を負わされるし、柔軟措置にでれば「弱腰」だとして国民の怒りにさらされる始末…


朝鮮半島有事は、「行くも地獄、戻るも地獄」の難しい局面になってきましたね…



K国もT鮮も嫌いだけど、まあ、アキヒロ頑張れ!ってエールを送っときます。





7014.jpg






TOPページへ戻る
関連記事
この記事へのコメント
韓国政府 失業者を日本に送り込む事業を開始

民団の幹部らは25日午後、青瓦台で李明博大統領を予防し、中央選挙管理委員会が主催する在外国民投票に関する特別講義にも出席する。 この日の午後4時半から『在日同胞、彼らは誰か』というテーマの講演と討論、在日同胞の母国の投票への参加の活性化方案'若年失業者、日本就業の活性化と関連した民団の役割などについての発表会が開かれる。

特に、民団の鄭進団長と韓国産業人力公団のユジェソプ理事長の間で青年失業者の日本の就労を支援する事業を共同で行う内容の業務協約書にも締結する予定だ。 民団は、1998年のIMF危機当時も、本国送金の動きなどを行ったし、母国の経済難や災害災難が近づくたびに、支援活動をしてきた。

抜粋
http://www.munhwa.com/news/view.html?no=20101126MW084159494234

http://translate.googleusercontent.com/translate_c?hl=ja&ie=UTF-8&sl=ko&tl=ja&u=http://www.munhwa.com/news/view.html%3Fno%3D20101126MW084159494234&rurl=translate.google.co.jp&usg=ALkJrhiDr83tU_50nZ7klqZlN5yTtVscqQ
2010/11/26(金) 15:08 | URL | 通りすがりの名無しさ #-[ 編集]
URL:
Comment:
Pass:   

 | Copyright © どうしよう…  もう日本人やめよっか? All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。