【生活保護申請 「永住外国人も適用外」】 大分地裁GJ!

日本の守護神様、どうか日本を蝕む売国奴議員と特ア3兄弟に天誅を!
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/10/21(木)




┌○┐
│不│
   │当 |∧,,∧
    │判 |`Д´#>
   │決│ ノノ
   └○┘(⌒)
    し⌒




大分地裁から「永住外国人に対する生活保護申請」の受給権を認め、保護を開始するよう同市に求めた訴訟の判決が出た!



大分地裁の一志泰滋裁判長は

「外国人には生活保護法の適用はない。永住外国人も同様」

として、女性側の訴えをすべて退けた。



日本国民としてこの勇気ある判決を支持します!



*


<大分合同新聞より>
生活保護申請 「永住外国人も適用外」
http://www.oita-press.co.jp/localNews/2010_128738035185.html

永住権を持つ大分市内の中国籍の女性(78)が、外国人に対して生活保護の受給権を認め、保護を開始するよう同市に求めた訴訟の判決言い渡しが18日、大分地裁であり、一志泰滋裁判長は「外国人には生活保護法の適用はない。永住外国人も同様」として、女性側の訴えをすべて退けた。判決後、市内の県弁護士会館で会見した女性の弁護団は「外国人の保護は国の“お恵み”という判断。日本で生まれ育ち、日本語しか話せない女性に『生活に困ったら国籍のある国に帰れ』ということか。ひどい判決だ」と述べ、控訴する方針を示した。同弁護団によると、永住外国人に対して生活保護の受給権を認めないと明示した判決は初めてという。

女性側は「少なくとも永住外国人には憲法で保障された生存権があり、生活保護法が適用される」と主張したが、一志裁判長は「外国人の生存権保障の責任は第1次的にはその者の属する国家が負うべきだ。永住外国人でも、本国に資産があるかどうかなどの調査が難しく無条件に保護を認めることになる」として、生活保護法の適用は日本国籍を持つ者に限られると判断した。

原告は外国人に生活保護法を準用して保護を実施するとしている厚生省(現厚生労働省)の通知に基づき、保護の開始も求めたが、一志裁判長は「通知に基づく保護の性質は(行政側から外国人に対する)贈与。(今回、大分市は)贈与を拒絶しており、女性に生活保護の受給権はない」として却下した。

(以下つづく)



生活保護費は国と地方自治体が支給してる。
日本国籍のない外国人に生活保護どんどん支給していたら、自治体は財政破綻してしまい結局は日本人が受給できずに不幸になってしまう。

尖閣問題で中国の横暴に日本人が失望している間に、どんどん外国人への過剰な支給を削減していくべし!


それにしても、一志裁判長の判決はすばらしいに尽きる。


外国人に生活保護受給してるのはお人好しな日本ぐらいのモンである。他所の国では「失業で生活基盤が無くなったら、即強制送還が常識ですよ!



こんな当たり前のことも分からない外国人がいること不思議でならないですな。
国が変われば憲法も違うのは当然のことです。



中国籍の女性(78)のお婆様へお尋ねします。
あなたの母国である中国様は、中国人の税金で日本人の生活を保護してくれますか?


母国の大使館へ生活を保護してくれるよう訴えてくださいな!




o0800045010560565007.jpg






TOPページへ戻る
関連記事
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

 | Copyright © どうしよう…  もう日本人やめよっか? All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。