【なぜ反中デモを大々的に報じない?】  日本のマスゴミは終わってる…

日本の守護神様、どうか日本を蝕む売国奴議員と特ア3兄弟に天誅を!
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/10/18(月)



1115760.jpg



10月2日のデモに続き、10月16・17日に反中デモが実施されました。

10月2日のデモは多くの方が御存じでしょうが、日本のTVや新聞などのマスコミでは一切の報道がなされませんでした。


そして今回、再度大規模な反中デモ開催の呼び掛けがあり、前回を上回るデモ参加者があったようです。


10月2日の参加者は2,600人規模だったそうですが、10月16日は前回を上回る3,200人規模だったそうです。

10月17日には、「尖閣諸島と秋葉原をシナの侵略から守れ!デモ行進」が行われ約200人の参加者があったそうです。



日本のマスゴミは誰に配慮して反中デモを報道しないのか?

中国政府にですか? それとも民主党にですか?

はたまた媚中のスポンサー様に対してでしょうか?



どなたかご存知の方教えてください!


*

向こうの中国各地でも大規模な反日デモがあり、一部が暴徒と化して異物損壊や暴力行為などを繰り返したらしい。

日系スーパーや日本料理店が窓ガラスを割られるなどの被害を受け、中国人が乗った日本車はボコボコに壊されていた。



<サーチナより>
日中両国で大規模な反中・反日デモ…海外メディアも報じる
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2010&d=1017&f=politics_1017_002.shtml

東京で16日、尖閣諸島(中国名:釣魚島)の領有権をめぐり、前航空幕僚長の田母神俊雄氏が会長を務める保守派の団体らが主催するデモが行われた。当日は、3000人以上の人々が参加し、日の丸や「中国の尖閣諸島侵略を許さない」などと書かれた横断幕を掲げ、六本木をデモ行進した。中国大使館では中国政府に対する抗議文を読み上げた。


  一方、中国国内でも16日、四川省成都市、陝西省西安市、河南省鄭州市などで、大規模な反日デモが行われた。四川省成都市では、1万人を超える人々がデモに参加し、日系のスーパーや日本料理店で窓ガラスが割れるなどの被害が発生した。

  英BBCやAFP通信、ロイター通信などの海外メディアも、日中両国で尖閣諸島の領有権を主張する大規模なデモが起こったと報じている。

  韓国メディアは、日中両国で大規模な反中、反日デモが起こり、尖閣船舶衝突事件以降に深まった対立を解消するために、両政府は積極的に関係改善を図りにくくなった。それぞれ反中、反日感情の世論が強い状態で、関係の回復を急ぐことは、国内で逆風を迎える可能性があると指摘している。

  中国外務省の馬朝旭(まちょうきょく)・報道局長は16日深夜(日本時間17日未明)に談話を発表。東京の中国大使館前で行われた中国への抗議行動に対し、日本側に重大な関心を伝え、大使館員と施設の安全確保に有効な措置を取るよう求めたことを明らかにした。

  中国内の反日デモについて「一部の群衆が日本側の一連の誤った言行に義憤を示すことは理解できる」との談話を発表し、反日デモが日本のデモに反発した形で行われたことを示唆している。また、一部のデモ参加者が日系スーパーや日本料理店でガラスが割られるなどの行為には不快感を示し、自制するよう促した。(編集担当:李信恵・山口幸治)



<ヤフーニュースより>
「日本の領土守ろう」2800人行進
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101017-00000071-san-pol

沖縄・尖閣諸島沖の中国漁船衝突事件に関し、民間団体「頑張れ日本!全国行動委員会」(田母神俊雄会長)などが16日、東京都港区で中国政府に抗議するデモ行進をした。警視庁によると約2800人が参加、混乱はなかった。

 参加者はプラカードを掲げ「尖閣は日本の領土」などと訴えながら約2キロを歩いた。その後、中国大使館前で抗議文を読み上げた。「中国大使館包囲!尖閣侵略糾弾!国民大行動」と題した集会も開かれた。

 参加した無職、男性(71)=千葉県佐倉市=は「日本の現状を非常に憂慮している」。男子大学生(21)=東京都武蔵野市=は「日本の存亡にかかわるやばい事態だと思って参加した」と話した。

 沖縄県宜野湾市でも同日、「中国の領海侵犯から尖閣諸島海域を守る沖縄県民の集い」が開かれ、約700人が集まった。集会には尖閣諸島を擁する石垣市の中山義隆市長や、平沼赳夫氏ら国会議員7人が出席。沖縄県知事からもメッセージが寄せられた。



東京の中国大使館前で2800人デモ、沖縄でも集会
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101017-00000500-san-pol

沖縄・尖閣諸島沖の中国漁船衝突事件に関し、民間団体「頑張れ日本!全国行動委員会」(田母神俊雄会長)などが16日、東京都港区で中国政府に抗議するデモ行進をした。警視庁によると約2800人が参加、混乱はなかった。

 参加者はプラカードを掲げ「尖閣は日本の領土」などと訴えながら約2キロを歩いた。その後、中国大使館前で抗議文を読み上げた。「中国大使館包囲!尖閣侵略糾弾!国民大行動」と題した集会も開かれた。

 参加した無職、男性(71)=千葉県佐倉市=は「日本の現状を非常に憂慮している」。男子大学生(21)=東京都武蔵野市=は「日本の存亡にかかわるやばい事態だと思って参加した」と話した。

 沖縄県宜野湾市でも同日、「中国の領海侵犯から尖閣諸島海域を守る沖縄県民の集い」が開かれ、約700人が集まった。集会には尖閣諸島を擁する石垣市の中山義隆市長や、平沼赳夫氏ら国会議員7人が出席。沖縄県知事からもメッセージが寄せられた。




<コメント>

前回のデモは全く報道されずスルーでしたが、多くの方よりマスコミ各社へ抗議の電話などが相次ぎ、今回は全く無視するわけにもいかなかったのでしょう。

ホントに小さな記事ではありますが、今回のデモ報道はあまり目につかないようにシレッと報道しましたね。


でも今回の尖閣諸島がらみで、日本人の意識が大きく変わったことは紛れもない事実でしょう。

汚いメディアや政府が、都合の悪いことは隠ぺいし隠し通そうとしても、大きな流れとなりつつある愛国精神・国家の危機意識は止めることは出来ないでしょう。


戦後GHQや日教組によって、骨抜きにされた日本人の目覚めは近い!

今後、全国各地でデモが起こり日本中を巻き込むことでしょう!


主催者さん頑張ってください!




追伸、日本メディアの報道ではデモに参加した人を「右翼団体」と表現してました…
デモに参加したほとんどの方は一般人であり、右翼団体ではありません!



まったく日本のメディアは自国民をどこまで侮辱するのでしょうか!
本当に許せません!

右翼団体ではなく市民団体(及び一般市民)です!  ↓










中国のデモは暴徒化!  ↓
















TOPページへ戻る
関連記事
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   

 | Copyright © どうしよう…  もう日本人やめよっか? All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。