【バスケの試合でカンフー炸裂】  中国VSブラジル

日本の守護神様、どうか日本を蝕む売国奴議員と特ア3兄弟に天誅を!
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/10/15(金)


バスケ




バスケットの親善試合で中国とブラジルが大乱闘!

一昨日、河南省許昌市で開催された男子バスケットボールの中国vsブラジル戦で、試合開始直後に両チームが乱闘を始めた。

この大乱闘でブラジルチームは、全員がコートから引き上げ試合を放棄したそうです。

地元中国メディアは、しゃがむブラジル人選手を中国人選手が蹴る様子なども写真で伝えた。




*


<サーチナ>
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2010&d=1013&f=national_1013_044.shtml

河南省許昌市で行われた男子バスケットボールの中国・ブラジル戦で、試合開始直後に、両チームが乱闘を始めた。ブラジルチームは全員がコートから引き上げ、試合を放棄した。中国メディアはしゃがむブラジル人選手を、中国人選手が蹴る様子なども写真で伝えた。中国新聞社などが報じた。

試合開始後25秒で、相手に倒された中国の張慶鵬選手が遅延行為として反則を取られた。猛抗議したBob Donewald監督は、審判への暴言などで退場処分。張選手は倒れたままで、審判が競技参加の意思を尋ねても、口の中でなにかをつぶやき、返答しない。その時、監督がコートに戻り、記録係用の机をたたき壊すなど暴れたので強制的に退場させられた。

試合は再開されたが、興奮が収まらない双方の選手は、激しい肉体的接触を繰り返し、しまいに乱闘になった。中国側では周鵬、孫悦、蘇偉選手らが、手などに負傷した。ブラジル側は試合放棄を決定。退場する途中で挑発的なしぐさがあり、中国チームと再び乱闘になった。ブラジルチームが去った後も、中国チームはしばらく、コートにとどまった。観客は指笛を吹き鳴らすなどで騒いだ。

Donewald監督はこれまで、中国チームの闘争心が薄弱であることを問題視。「殴られたら、必ず殴り返せ」などと指導していた。(編集担当:如月隼人)




<コメント>

中国人って国の代表選手でもこの程度かよ…
民度が低い土人はどうしようもないね。


ブラジル人選手も体格イイのばっかだけど、中国のホームだから手を出さなかったのかねぇ?

寄ってたかってフルボッコに蹴られてるし。
ブラジル選手だいぶ我慢したな…



武器を持ってたら平気で殺しそうな勢いです!


ブラジル選手の13番はスキンヘッドで体格もイイから、中国人選手はだれも襲わず…









バスケ-2








TOPページへ戻る
関連記事
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   

 | Copyright © どうしよう…  もう日本人やめよっか? All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。