【F1韓国GP開催決定!?】  マジネタですか?

日本の守護神様、どうか日本を蝕む売国奴議員と特ア3兄弟に天誅を!
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/10/12(火)



韓国GP




かねてから「中止だ・延期だ」と話題になっていたF1韓国GPですが、自動車レースを統括・管理している国際的な組織「FIA」が正式に開催を承認した模様です。


本来であれば、開催2ケ月前にはサーキット場の査察を受けなければいけなかった韓国GPですが、韓国の威信を賭け突貫工事でサーキット場の査察を受けれる状態まで完成させた…


承認を受け、韓国初のA等級を受けた国際自動車レース場として認定されるそうだ。

後の工程は、仮設の観覧席の設置やレース場進入路の照明、駐車場の整備などの作業が残るだけだって…


F1韓国GPは、予定通り10月22日から3日間の日程で開催される。


Kの国得意の賄賂攻勢で、FIA上層部を獲り込んだのか?


*

韓国GPを運営するKAVOは12日午前、国際自動車連盟(FIA)が霊岩サーキットの査察を行い、韓国GPの開催を承認したと発表した。

サーキット建設の遅れにより開催が懸念されていた同大会だが、最終承認を受けたことにより、予定通り10月22日から3日間の日程で開催される。

韓国メディアは正式開催の知らせを相次ぎ報じ、「ファンの期待感も一層大きくなるだろう」と伝えている。

韓国メディアの報道によると、FIAのレース・ディレクター、チャーリー・ホワイティングは11日に査察を行い、サーキットの18のコーナーやピットロードなどを確認。

「100%満足のいく完璧な競技場だった。韓国カーレース協会(KARA)を通じ、公式ライセンスを発給する」と述べた。

これにより、コリア・インターナショナル・サーキット(KIC)は、韓国初のA等級を受けた国際自動車レース場として認定される。現在は仮設の観覧席の設置や、レース場進入路の照明、駐車場の整備などの作業が残るだけという。




F1韓国GP、FIAが開催を承認
http://f1-gate.com/korea_gp/f1_9530.html

韓国インターナショナルサーキットでの2日間の査察を終え、FIAはF1韓国GP開催にゴーサインを出した。

サーキット建設の遅れから、キャンセルも噂されたF1韓国GPだが、FIAのレースディレクターであるチャーリー・ホワイティングは、サーキットに満足し、F1開催に必要な義務的なサーキットライセンスを発行した。

「満足している。(ASN)KARAを通じてライセンスを発行する」とチャーリー・ホワイティングはF1韓国GPが出したプレスリリースで述べた。

レース主催者のチャン・ユンチョCEOは、FIAからの承認を歓迎し、F1韓国GPが韓国の巨大な関心に火をつけると述べた。

「我々は、全ての作業をFIAを完全に満足させることで終え。我々は韓国全体と一緒に初めて韓国インターナショナルサーキットにF1の皆さんを歓迎できることを嬉しく思っている」

「韓国インターナショナルサーキットは、最高水準で建設され、韓国のモータースポーツの中心地となる。我々は、韓国GPが国の全域でスポーツに対する巨大な関心に火をつける促進剤になると信じている」



関連記事

韓国のF1サーキット、日本GP決勝日に舗装が完了予定
http://www.topnews.jp/2010/10/07/news/f1/races/koria-gp/24644.html

韓国GPの舞台になる韓国インターナショナル・サーキットの関係者は、サーキットが完成に近づいたと語っている。

サーキット建設が遅れたことから、統括団体FIA(国際自動車連盟)は、グランプリ開催直前までサーキット査察を延期するという異例の措置を取っている。

しかし、レース主催者であるKAVOの広報責任者キム・ジェホは、工事が「98%から99%完了している」と『Korea Times(コリア・タイムズ)』へ語った。
(以下続く)



韓国GPは「開催される」とF1界のボス
http://www.topnews.jp/2010/10/09/news/f1/persons/bernie-ecclestone/25073.html

数週間前には懸念があることを認めていたF1最高権威バーニー・エクレストンが、韓国GPは開催されると語った。

F1の統括団体FIA(国際自動車連盟)のレースディレクターであるチャーリー・ホワイティングは、日本GP決勝翌日の11日(月)に韓国GP開催地のコース査察を行う予定だが、エクレストンは「査察で合格になる」だろうと語った。

「彼らは問題を抱えたが、この数週間で見事にやり遂げた」

「連絡を取り合っているし、路面の最上層が敷設された写真を見た。査察には合格する」とエクレストンは『Daily Express(デイリー・エクスプレス)』へ述べている。

しかし、サーキット内の建物や、観客用の施設の多くが未完成のままになるとの報道もある。

「絶望的な話が広まったが、みんないい意味で驚くだろう」

「私も行く。世界中が見守る中、最高なレースが行われる。きちんと開催される。これでこの話は終わりだ」とエクレストンは続けた。




F1ドライバー、韓国GPの査察を心配「異常な状況」
http://f1.as-web.jp/news/info.php?c_id=1&no=29714

10月24日に決勝レースが行われる予定の韓国GPについて、鈴鹿でF1ドライバー達が心配の声をあげている。

最終舗装はFIA査察前日の10日に完了予定で、「舗装した路面が短期間に定着するのか」「路面から油が浮いた状態になったりしないのか」等のさまざまな懸念の声が上がっている。




<コメント>

開催不可能と思われたF1韓国GPですが、突貫工事を重ねなんとか査察へ持ち込んんでお情けで、霊岩サーキット場のGP開催承認を頂いた模様…


レース本番まで2週間切ってるのに偉そうなバカチョン…
本来であれば、開催2ヶ月前にはFIAの査察を受けなければいけないのに恥を知れ!


路盤も十分に固まってないような下地に、突貫工事で舗装を掛ける暴挙にでた韓国サイドですが、FIAの規定では舗装面の起伏は本当に3mm以下って決まってるんでしょうか?


もし本当にアスファルト面の起伏が3mm以下であれば、一応検査承認受けたコースであるが、刻々と変化するアスファルトの表層に今後どんな変化が起きるか心配です。


起伏が酷くなれば、時速300km/h以上で疾走するF1マシンは走行中に吹っ飛んでしまうでしょう。

それにサーキット場が承認受けたとしても、開催するためのインフラが全く整っていないようですが…


サーキット場の周りにはなんにもない…
宿泊施設もなんにもない!

周辺道路の整備も全く進んでない!
これで世界最高峰のレースであるF1GPを開催しようとする韓国って「ス・テ・キ!」


大会運営法人のKAVO(Korea Auto Valley Operation)と韓国のF1国際自動車競走大会組織委員会は、「完工が当初の計画より遅れたのは事実だが、大会開催には全く問題がない」と話したそうで…


ドライバーが命がけでレースやってるって知ってんのかねぇ…



F1ドライバーの安全を祈ると共に、韓国GPがボロクソになることを期待します!


工期? 査察?  そんなのケンチャナヨ!




韓国GP-1





TOPページへ戻る
関連記事
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   

 | Copyright © どうしよう…  もう日本人やめよっか? All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。