【対中感情が悪化】  日本国民のほとんどが中国を信頼できない!

日本の守護神様、どうか日本を蝕む売国奴議員と特ア3兄弟に天誅を!
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/10/02(土)




尖閣諸島

尖閣諸島の魚釣島 我が国固有の領土です!



尖閣諸島沖の漁船衝突事件に端を発した日本対中国の対立…

世論調査では、日本国民の中国への感情が悪化していることが判明しました。

「中国が信頼できない」とした回答は8割にも上ったようだ!



しかも男性20代では87・0%に達し、若者世代に「嫌中感情」がまん延し始めたようですね。


女性では40代が91%に達し、20代でも84・8%と高率だ。



売国奴民主党と、売国奴経団連が推進する中国人移民受け入れ法案は完全に消滅だな…


売国奴は涙目ですな(笑)

極左の仙谷さん、いい仕事しましたね!




*

【世論調査】対中感情悪化 20代男性87%「中国を信頼できない」
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/101001/plc1010011833027-n1.htm
<産経ニュースより 一部引用>

 産経新聞社とFNN(フジニュースネットワーク)の合同世論調査では、尖閣諸島沖の漁船衝突事件を巡って、日本国民の中国への感情が悪化していることが浮き彫りになった。「中国が信頼できない」とした回答は8割だったが、男性20代では87・0%に達するなど、若年層にも「嫌中感情」が存在していることを裏付けた。女性では、中国を信頼できないとしたのが最も多かったのは40代(91%)だったが、20代でも84・8%と高率だった。

 若い世代で注目されたのは、今回の事件を通じて「日本は圧力を加えれば屈するというイメージを持たれる懸念がある」とした回答が、20代男性の94・2%に上った点だ。30代男性の9割も「菅政権の対応は弱腰」としている。若年層の嫌中感情が、日本政府への批判に結びついている可能性もありそうだ。

 一方で20~30代で多かったのは日米同盟を「強化すべきだ」との意見だ。

 今後の日米同盟について「強化すべきだ」との回答は男性30代で48・9%と世代間で最も高く、「現状のままでよい」は33・3%にとどまった。20代も46・4%と高かった。 

~づづく





国民は「ダメな政治家はダメ」という意思表示をはっきりし、政治家の世代交代を進めていくべきです。

現政権の中枢を占める、団塊世代のどうしようもない全共闘出身者などという、過去の「醜悪」な政治家共…

国難にあって、肝心な時に役に立たない政治家達には、さっさと国政から退場してもらいましょう。







クリントンさんはすっごい迫力だ…





関連記事
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   

 | Copyright © どうしよう…  もう日本人やめよっか? All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。