【ホレみろ! 中国がたたみ掛けてきたぞ!】  日本側に謝罪と賠償を要求

日本の守護神様、どうか日本を蝕む売国奴議員と特ア3兄弟に天誅を!
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/09/25(土)

ホレ見ろ!

中国様が「日本は腰ぬけ」とみてたたみかけてきたぞ!




沖縄・尖閣諸島沖で中国漁船が海上保安庁の巡視船に衝突した事件は、釈放された中国人船長が25日午前、中国に帰国。中国の理不尽な要求に日本が完全屈服するかたちとなった。この間、菅直人首相が「超法規的措置」の適用も示唆するなど、極端な弱腰姿勢を露呈。一方、中国は謝罪と賠償を要求する声明を出し、ガス田開発に着手する動きをみせるなど、日本に対して一気呵成の攻勢を仕掛けている。



*

【中国総局】中国外務省が尖閣諸島付近の衝突事件で25日発表した声明全文は次の通り。


日本側は9月7日に釣魚島海域で15人の中国漁民と漁船を拘束し、船長を24日まで拘置した。

この中国領土の主権と中国国民の人権を著しく侵害する行為に対して、中国政府は強い抗議を表明する。

釣魚島とその付属島は古くから中国固有の領土であり、中国はこれに対して争うことのできない主権を有する。

日本側が中国漁民と漁船に対して行った拘置や捜査及びいかなる形式の司法措置も違法かつ無効だ。

日本側は今回の事件について中国側に謝罪と賠償を行わなければならない。

中日両国は互いに隣国であり、戦略的互恵関係の方向を堅持し、発展させることは両国国民の根本利益に合致する。

双方は対話と話し合いを通じて中日関係の問題を解決し、両国関係の大局を守らなければならない。

中国側のこの立場は変わっていないし、変わらないものだ。




おそらく中国人船長釈放については、アメリカ様からの圧力があったのではないかと思う…

「菅君、前原君、船長を即時釈放したまえ」ってね。




中国とアメリカの狭間で日本と言う国は沈没していくしかないのでしょうか…


日本の未来のために散って逝かれた英霊方が泣いておられます…




尖閣諸島の武力支配は、まず間違いないでしょうね…


TOPページへ戻る
関連記事
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   

 | Copyright © どうしよう…  もう日本人やめよっか? All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。