大東亜戦争 戦慄の抵抗の果てに

日本の守護神様、どうか日本を蝕む売国奴議員と特ア3兄弟に天誅を!
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/06/01(火)
   

大東亜戦争末期、米軍は圧倒的な物資と武力で日本軍を追い詰めていった。

アメリカの日本打倒プログラムは順調に進展しているかに見えた。
有無をいわせぬ軍事的打倒によって、日本に無条件降伏に追い込むことはできそうに見えた。

ところが同じ時期に、米軍部にとって頭の痛い問題が起こる。
それは、ヤルタ会談と同時期に行われた『硫黄島の戦い』(2月19日~3月25日)であった。

太平洋側の小さな島での戦闘であったが、米軍にとってはショックであった。


米軍にとって最もショックだったのは、この硫黄島攻略線で日米の死傷者比率がほぼ1対1の同数になったこと。

ガダルカナル戦闘では23対1と、米兵一人の死傷に対して日本兵23人が死傷であり、しかもそのほとんどが死亡していた。

ところが、戦地が日本本土へ近づいて来るに伴って日本軍の抵抗がより激しくなり、レイテ島の戦闘(44年10月上陸)やルソンの戦い(45年1~2月)では、ほぼ5対1の割合にまで死傷者比率が上がってきた。


米軍は圧倒的な物資と戦力で、常に優勢に戦ってこられた。

ところが硫黄島の戦いに至って、この死傷者比率がほぼ1対1になったのである。
玉砕の島 硫黄島 ←見てね

日本本土に近づくにしたがって、日本兵の抵抗は常軌を逸してくる。

このまま日本本土決戦を迎えれば、日本兵のみならず日本の国民までが猛烈な抵抗をしたらどうなるのか…

物資が不足している日本兵は、米兵の圧倒的な戦力差の前にやがては倒れるであろう。

しかし、日本兵は『米兵を己の命と引き換えに道連れにする覚悟』を示している。

果たして日本本土決戦を楽観できるのか…と、アメリカ側は考えざるを得なくなった。

    

*
予想を超える硫黄島の犠牲は米国内で広く報道され、国民に衝撃を与え怒りを呼び起こした。

『わが政府と軍はどういう戦争をしているのか!』

米軍部はガダルカナルで22対1であった日米死傷者比率が、硫黄島で1対1となったことに衝撃を受けていた。

米軍は火力と物量では日本軍を圧倒しているのに、日本本土に近づくにつれ日本軍の抵抗は熾烈(しれつ)となり、死を覚悟した日本兵は米兵を1人ずつ道連れにする形をとり始めた。


1945年4月に始まった沖縄戦でも、アメリカ政府が恐れていたとおり同じ事が繰り返された。

始めこそ日本軍の抵抗は少なく、飛行場も簡単に制圧した。

しかし南部の首里に回ったところで、日本軍のすさまじい抵抗が始まる。

日本軍の特攻機が米軍艦船への特攻作戦を繰り返し試みた。

日本軍の戦意衰えるどころか、逆に鬼気迫る異様さを帯びてきたのでした。


日本軍の捨て身の特攻作戦は、米軍に与えた損害はそれほど多くはなかったようです。

しかしその具体的戦果とは裏腹に、米兵に与えたメンタル面の影響はかなり大きかった。

<以下 引用~>

毎日のように襲ってくる日本軍神風特攻隊の攻撃に、米艦隊の乗組員達はみな「神風ノイローゼ」になった。

空母ワスプの搭乗員113名の健康診断をしたところ、わずかに30名が戦闘に耐えうる状態で、他は過労のため休養を必要とする状態であった。

また実際に体当たり攻撃を受けたり、目撃したことのある米将兵達は「真一文字に突っ込んでくる特攻機を見ると身の毛がよだった」と告白している。

多くの米軍兵士が、文字通り必死の覚悟で体当たりをしてくる特攻隊の攻撃に対して、神経をすり減らし恐怖心を感じていたと記録されている。

<引用ここまで>


沖縄戦の戦闘の激しさは、「ありったけの地獄を一つにまとめた」ようなものであったとも言われています。

日本軍は祖国を守るため、家族を守るため鬼気迫る捨て身の特攻を繰り返しました。

そんな状況の中、アメリカ政府にある動きが始まりました。

<以下引用~>

『どうすれば日本との戦争を終わらせることができるのか』、『日本本土決戦にはどれくらいの犠牲を強いられるのか』を、アメリカ政府は再検討せざるを得なくなった。

それだけに太平洋戦争の現場からワシントンに届いた、ある報告書が注目された。

捕虜の意識調査をしていたジョン・エマーソンらのグループが、日本人捕虜に対して『君達は、いかにすれば武器をおくのか』と言うインタビューをし、その結果を報告してきたものであった。

国際常識では組織的戦闘能力がなくなった場合、兵士が武器をおいて素直に捕虜になるのが自身のためでもあり、約束事でもあった。

個別に抵抗したところで無駄に命を捨てるだけである。

そんな非人道的なことはやめようと、国際法はその場合の手続きを決めている。

捕虜収容所に収容し、終戦まで安全を保証する。

その際の条件は「人道的要請を満たすものでなければならない」、と定めている。

ところが、日本兵はその定めを教えられていなかった。

逆に1941年1月、当時の陸軍大臣東条英機が「戦陣訓」というものを全陸軍に示達して、

「生きて虜囚の辱めを受けず、死して罪禍の汚名を残す事なかれ」と教育した。

それゆえ、死を求めての突撃をしたり、バンザイ・クリフから飛び降りて死んだりする。

アメリカ側には、その行動が理解できなかった。

しかしそんな日本兵の中には、故意または事故によって捕虜になる兵もいた。

アメリカ側の戦時フィルムには、白旗を掲げた日本兵が後ろから撃たれないように気を使いながら出てくるシーンがある。

「戦陣訓」にもかかわらず、

「家族のためにも自分はここで死ぬわけにはいかない」
「故郷に帰って、もう一度お袋さんや家族の顔が見たい」
「あのやさしい故郷の山河を見たい」


という思いが残るのは、人間である以上当然の心情である。

彼らは多くの場合、捕虜になった途端にものすごく素直になった。

捕虜にすることを国際法のしきたりとして教育している国では、「捕虜になっても軍の機密は漏らすな」敵に利することは話すなと教えていた。

ところが日本軍の場合には、「絶対に捕虜になるな」と教える以上、「もし捕虜になった時には」と言う教育ができなかった。

それゆえ彼らは、捕虜になった途端に日本社会から切れたという思いの中で、本名は名のりたがらないけれども非常に素直になったのである。

同志社大学にオーティス・ケリー(Otis Cary)という小樽に生まれ育った日本語が堪能な教授がいる。

彼は、ハワイで日本人捕虜を並ばせて名前を名のらせたとき、ハセガワ・カズオという名があまりに多いので、ついいたずらっ気を起こして「あんまり似てないな」と日本語で言ったら日本兵はギクッとしたと述べている。

「鬼畜米英」と教えられていたのが、食べ物もミルクもくれ傷の手当てまでしてくれることに感じ入るものもいた。

日本兵に、

『君達はどうしてあれほどまでに抵抗するのか?』
『それほど死にたいのか』
『何のために死を賭してまで戦うのか?』


と聞くと、答えは意外にはっきりしている。それは、

『郷土を守るためだ』
『父母や子供、兄弟、同胞を守るためだ』
『天皇を守るためだ』
『そのためであれば、日本人は命を捨てて戦う』


と圧倒的多数の捕虜がそう答えた。

国民性として戦闘的であり、目的なしに死にたいという人間につける薬はない。

なかでも、最もやっかいなのが

『名誉のために、絶対に死ぬまで戦う』 である。

ところが、目的がある人間とは話ができる。つまり、

『父母兄弟を守りたい、あるいは天皇制を守りたいと言うのであれば、それを保証すれば君たちは武器を置くか?』

と問いかけることができる。

「もちろんだ」、とその答えもまた非常に高い比率で一致していた。

『もし天皇が武器を置くことを命ずれば、もちろん天皇の言葉に従う』

と、極めてはっきりしていた。

つまり、死に吸い寄せられるばかりの狂った戦士に見える日本兵も、条件次第では和平に応ずる。

その条件とは、

『日本本土の所領安堵と天皇制の容認』

であるというのが、意識調査から得られた結論であった。

硫黄島や沖縄で示された日本軍の命知らずな抵抗を経験し、『果たして予定通り日本本土決戦をやっていいものかどうか…』

日本軍の捨て身の戦闘は、アメリカ側の日本占領に再検討を求める効果を持った。

<引用ここまで>


若き日のお爺ちゃん世代の方々が、『祖国 日本』を守るために命を掛けてアメリカ軍と戦われました。

圧倒的な戦力差がありながら、アメリカ側は相当な戦死者を出してしまった。

日本軍の鬼気迫る抵抗に、アメリカ軍は『日本本土決戦になった場合、アメリカ軍の被害も相当に覚悟しなければならない』と本土決戦を再考させました。

         

神風特攻隊や硫黄島の戦いがアメリカを震撼させ、具体的に計画していた日本本土決戦を考え直した。

その結果、大空襲や原爆はあったけれども、本土決戦があったドイツやポーランドほどの犠牲者を出さなくてすんだという具体的効果があったことも事実です。

後世に生きる私たちは、なぜ感謝の気持ちまで忘れてしまったのでしょう…


私たちのお爺ちゃん世代は、「本当に命を賭して多くの日本人を救ってくれた」のだと言うことを。


1945年8月15日、ポツダム宣言を受諾し日本軍は無条件降伏しました。


TOPページへ
関連記事
この記事へのコメント
「降伏ニアタリ条件ハ左ノ如シ」と、有条件降伏であるとポツダム宣言受諾時冒頭に書かれていますが・・・何故こうも「無条件降伏」だと勘違いさせられている方が多いのでしょうか。何か意図的なものがあるのでしょうか・・・。
2012/01/05(木) 06:43 | URL | 通りすがり #-[ 編集]
URL:
Comment:
Pass:   

 | Copyright © どうしよう…  もう日本人やめよっか? All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。