どうしよう…  もう日本人やめよっか?2010年09月

日本の守護神様、どうか日本を蝕む売国奴議員と特ア3兄弟に天誅を!
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/09/30(木)






やれやれと言うか、やっとと言うか、中国当局に拘束されていたフジタ社員がやっと釈放された。

しかし拘束された4人のうちの3人しか釈放されていない。


私の推測だが中国側は、「4人すべて釈放すると日本側に対しての切り札をなくす」ので、すべて釈放せず交渉カードとして温存したい腹だろう…


中国側が主犯格として引き続き拘束している高橋定氏が、無事に釈放されることを願っています。



>> 「【フジタ社員釈放 法律違反認めたため】  ホントかよ? 無理やりじゃね?」 の続きを読む
スポンサーサイト
2010/09/29(水)


90728b50.jpg




現在、中国内に居る邦人はすぐに逃げろ。

家、土地、家財道具など未練もあるだろうが…




しかし命が無くなったら終わりだ!


抗日運動が活発化したら相当に悲惨なことが起きるかも…


いま日本と中国は極度の緊張状態にある。
尖閣諸島沖で軍事衝突が起こるかも知れない…

中国で日本人が拘束されている。
すでに中国での在留は命に関わる段階に来てる。

軍事衝突が起きれば大規模な日本人狩りが始まり、虐殺が始まるかも知れない。


外国ではその国の状況をいち早く察知して、大事が発生する前に逃げることができなければ命の保証はない。


こういう状況の中、今現在も中国にいる日本人は危機的状況がわかってない。
今の状況なら、必死で逃げる段階に入ったんではないか?


すでに中国はそういう国であると自分で証明した。
在留する日本企業は損得で行動する場合じゃ無い。

生きるか死ぬか自分で判断してください。


日本企業はすぐに邦人を帰国させてください!




>> 「【中国在留日本人は今すぐ逃げろ!】  邦人の命が保証できない段階に入ったぞ!」 の続きを読む
2010/09/28(火)


売国奴 仙谷


日本中でかつてない程の民主党批判が巻き起こっております。


売国奴共は「国民の利益」を盾に、安易に中国人船長を釈放してしまった。

国民の皆さんは当然怒った!

しかし中国の強硬な態度は軟化することなく、強硬な姿勢のままである。

フジタの社員4人は解放されることなく、今も拘束され中国の法律により裁かれるとのこと…


そしてやっぱり中国様は当然のごとく「謝罪と賠償」を要求してきた。

押せ押せの中国は、東シナ海のガス田開発で単独掘削を開始し、レアメタルの輸出規制も解除されていない。


有効な外交カードをすべて失って弱い目に祟り目ですな。



>> 「【ネットアンケートで8割が政権返上要求】  菅首相へ「売国奴」とヤジがとぶ  中国と交戦の可能性が高い」 の続きを読む
2010/09/27(月)








ここ数日はあまりのムカつきで怒りが爆発しそうである。


政府民主党のあまりに臆病で国益を損なう外交にもう辟易です。

お前らには「与党を担う実力も能力もない!」

とっとと失せろ!  くそ売国奴!



安易に船長釈放したんで、拘束されてるフジタ社員をとり返すカードが無くなったんぞ!

最低でも交換条件ぐらい交渉出来んのか、このボケ!



そして…

フジタ社員の4名は、民主党に見捨てられましたとさ…

>> 「【日本国民は怒りを爆発させろ!】  クソ中国許すまじ!」 の続きを読む
2010/09/26(日)


6747.gif




お隣の国、バ韓国様にもナメられ誇り高き日本人のプライドもズタズタですやん…

お~い菅直人様、この落とし前どうしてくれる!?









>> 「【日本政府、韓国にダメだし…】  正論過ぎて全く反論できない(涙)」 の続きを読む
2010/09/25(土)

ホレ見ろ!

中国様が「日本は腰ぬけ」とみてたたみかけてきたぞ!




沖縄・尖閣諸島沖で中国漁船が海上保安庁の巡視船に衝突した事件は、釈放された中国人船長が25日午前、中国に帰国。中国の理不尽な要求に日本が完全屈服するかたちとなった。この間、菅直人首相が「超法規的措置」の適用も示唆するなど、極端な弱腰姿勢を露呈。一方、中国は謝罪と賠償を要求する声明を出し、ガス田開発に着手する動きをみせるなど、日本に対して一気呵成の攻勢を仕掛けている。



>> 「【ホレみろ! 中国がたたみ掛けてきたぞ!】  日本側に謝罪と賠償を要求」 の続きを読む
2010/09/24(金)



A級売国奴 仙谷


まったく情けない限りでおます…

この民主党のおかげで世界から、「日本は弱虫」のレッテルを貼られてしまった。

なんともはや、もう言葉がみつかりません…


日本は世界の笑い者です


>> 「【日本は世界の笑い者】  やはり腰ぬけ民主は全面降伏」 の続きを読む
2010/09/23(木)



21172.jpg
戦う海上保安庁巡視船(この画像は今回の事件とは関係ありません)





近年まれにみる中国との衝突に発展している。

9月7日に尖閣諸島沖で領海侵犯を犯した中国漁船拿捕・船長を逮捕した事件で、中国政府は一貫して強硬な姿勢を崩していない。


沖縄県石垣市尖閣諸島海域で、海上保安庁の巡視船に停船を求められた中国漁船が、停船どころか巡視船に体当たりをかましてきた。


海上保安庁は船長を公務執行妨害で逮捕し、乗員は違法操業の疑いで取り調べている。


それにしても今回の事件は、完全に中国側の不法行為が引き起こしたものだ。
それにも関わらず逆に日本にここまで報復に出てくる理不尽さはなぜなのか…


>> 「【領海を侵犯した中国が怒っている】  腰ぬけの日本政府が招いたツケ」 の続きを読む
2010/09/14(火)



n-cga1.jpg



昨日からお伝えしている『親日国 トルコ共和国』とのイイ話の続きをご紹介したいと思います。

花うさぎの「世界は腹黒い」さんのブログをよく拝見させてもらっておりますが、トルコ共和国との感動秘話が掲載されていたので、転載させて頂きたいと思います。


花うさぎの「世界は腹黒い」
http://hanausagi.iza.ne.jp/blog/entry/1784914/


トルコ共和国が『大の親日国』って日本人は知ってるのでしょうか?
日教組の教育の成果で「無関心、個人主義」が浸透し、日本人が昔から持っていた「無償の善意」って慈愛の気持ちが薄くなってきた現代人。


せめてネット世代の若者に、「日本人がトルコから受けた無償の愛」を知っていただきたくエントリーさせてもらおうと思いました。


花うさぎさんに許可を頂いておりませんが、クレーム頂きましたら削除いたします。
申し訳ありません。



当時の模様がこと細かく紹介されており、すごく興奮しつつもドキドキしながら読みました。読み応えがあります。



>> 「【イラン在留日本人を救出してくれたトルコ航空】 トルコ共和国は自国民より優先してくれた②」 の続きを読む
2010/09/13(月)


親日国トルコ


本日は『親日国 トルコ共和国」とのイイ話をご紹介したいと思います。

花うさぎの「世界は腹黒い」さんのブログをよく拝見させてもらっておりますが、トルコ共和国との感動秘話が掲載されていたので、転載させて頂きたいと思います。


花うさぎの「世界は腹黒い」
http://hanausagi.iza.ne.jp/blog/entry/1784914/


トルコ共和国が『大の親日国』って日本人は知ってるのでしょうか?
日教組の教育の成果で「無関心、個人主義」が浸透し、日本人が昔から持っていた「無償の善意」って慈愛の気持ちが薄くなってきた現代人。


せめてネット世代の若者に、「日本人がトルコから受けた無償の愛」を知っていただきたくエントリーさせてもらおうと思いました。


花うさぎさんに許可を頂いておりませんが、クレーム頂きましたら削除いたします。
申し訳ありません。


当時の模様がこと細かく紹介されており、すごく興奮しつつもドキドキしながら読みました。読み応えがあります。
>> 「【イラン在留日本人を救出してくれたトルコ航空】 トルコ共和国は自国民より優先してくれた①」 の続きを読む

 | Copyright © どうしよう…  もう日本人やめよっか? All rights reserved. |  次の記事へ

 / Template by パソコン 初心者ガイド
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。