北方領土をめぐる終戦後の戦闘

日本の守護神様、どうか日本を蝕む売国奴議員と特ア3兄弟に天誅を!
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/06/18(金)

樺太真岡に散った九人の乙女の碑
樺太真岡に散った九人の乙女の碑



「ソ連軍に暴行されるよりは死を選びます」


多くの誇り高き日本人女性が、辱めを受けるよりも自らの死を選ばれました…


無念の死を遂げられた方々のご冥福を祈ります…

>> 「北方領土の悲劇2  「スターリンの野望」」 の続きを読む
スポンサーサイト
2010/06/17(木)

p-i4.gif


日本人であれば、『北方領土問題』はご存じでしょう。


択捉島(えとろふとう)、国後島(くなしりとう)、色丹島(しこたんとう)、歯舞群島(はぼまいぐんとう)の4島で、現在はロシア連邦が実効支配しています。


この4島は、北海道根室半島の沖合にある島々で1945年(昭和20 年)8月14日に日本がポツダム宣言の受諾を決定した後、9月5日にかけて旧ソ連軍が北方領土に上陸し占領したのです。


旧ソ連の暴君「スターリン」は、日本がアメリカ軍との戦いにほぼ敗れ、疲弊しきった降伏寸前に宣戦布告!

卑怯にも程があるが、北海道を占領するために軍事侵攻してきた!


南樺太で8月11日、日ソ国境を侵犯し日本に侵攻したソ連軍は8月25日までに南樺太全土を占領した。

樺太占領軍の一部は、26日に樺太・大泊港を出航し、28日択捉島に上陸、9月1日までに、択捉・国後・色丹島を占領した。

歯舞群島は9月3日から5日にかけて占領されている。


しかし、敗戦後の日本軍は物資や戦力が不足するなかでも激烈に抵抗。


多数の死傷者を出しながらも、ソ連軍の北海道侵攻を食い止めたのでした。

>> 「北方領土の悲劇1   「スターリンの野望」」 の続きを読む

 | Copyright © どうしよう…  もう日本人やめよっか? All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。